Derivational Feature-based Relativized Minimality

著者名
前田雅子
価格
定価 7,200円(税別)
ISBN
978-4-7985-0147-5
仕様
菊判 上製 162頁 C3082
発行年
2014年11月
その他
2015年度日本英語学会賞受賞
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介

本書は、イタリア語、英語、日本語における疑問詞、焦点要素、話題化要素などの語順制限と介在効果に関する統語論の研究書である。特に、単一文に二つの移動が生じる場合の介在効果の事実を収集・精査し、それらを並行移動や分離移動などの独創的な移動操作と派生的な相対的最小性の原理により分析する。さらに、同分析を、英語の焦点化構文(重名詞句移動、there構文、場所句倒置文)や、日本語のwh句と焦点化要素の介在効果に拡張し、それらの構文を統一的に説明する。また、そもそも意味と音をつなぐ適切な統語構造はどのように構築されるのかという根本的な問いに関して、ラベリングの制約(Chomsky (2013))と主要部移動の考えを組み合わせることにより、独自の派生的な階層構造の構築方法を提案するものである。






目次

Acknowledgments
 
1. Introduction
 1.1. The Fine Structure of the CP/vP Periphery
 1.2. Derivational Feature-based Relativized Minimality and Split A′-Movement
 
2. The Fine Structure of the Left/Right Periphery
 2.1. Italian
 2.2. English
 2.3. Japanese
 2.4. On the Parallel Phase Theory
 
3. Proposal
 3.1. Derivational Feature-based Relativized Minimality
 3.2. Parallel Movement Hypothesis
 
4. Extraction Phenomena
 4.1. Italian
 4.2. English
 4.3. Derivational Feature-based Relativized Minimality on Covert Movement:Intervention Effects in Japanese
  4.3.1. The Intervention Effect between Negative Concord Items and Wh-phrases
  4.3.2. The Intervention Effect between Koso/Sae and Wh-phrases
 
5. Split A′-Movement
 5.1. Italian
 5.2. English
 
6. Derivational Feature-based Relativized Minimality in Focus Constructions
 6.1. A "Topic Island" in the vP Periphery
 6.2. Heavy NP Shift in English
 6.3. There-constructions in English
 6.4. Locative Inversion in English
 
7. Labeling and Head Movement
 7.1. Merge and Splitting
 7.2. Labeling Algorithm
 7.3. Criterial Head Movement
 7.4. Implications
  7.4.1. Overt Criterial Head Movement
  7.4.2. Criterial Head with Multiple Features
   7.4.2.1. Contrastive Topics
   7.4.2.2. D-linked Wh-phrases
   7.4.2.3. Locative Inversion
  7.4.3. Sentence-Final Particle Yo
 7.5. The Ordering of Feature Discharge and a "Topic Island" 
 
8. Concluding Remarks
 
References
 
Index

著者紹介

前田雅子(まえだまさこ)

九州工業大学工学研究院講師

H23年: English Linguistics 27号に掲載された論文(The Criterial Freezing Effect and Split A'-Movement)が、日本英語学会2010年度EL研究奨励賞、2011年度日本英語学会新人賞を受賞
H23年:日本言語学会第143回大会(大阪大学, 2011年11月26日)での口頭発表「日本語における非顕在的wh/focus移動とRelativized Minimality」が、日本言語学会大会発表賞を受賞
H25年3月:博士号(文学)取得(九州大学)
H25年4月~:九州工業大学工学研究院に常勤講師として勤務

主要著書・論文
1.“The Criterial Freezing Effect and Split A'-Movement,” English Linguistics 27, 270-296, H22年. (査読あり)
2.Derivational Feature-based Relativized Minimality, Kyushu University, H25年. (博士論文)
3.「日本語におけるDerivational Feature-based Relativized Minimality」 『世界に向けた日本語研究』, 遠藤喜雄(編), H25年出版確定. (共著:査読なし)
4.「Derivational Feature-based Relativized Mimimality in Italian」 『言語学からの眺望2013 (仮題)』, 福岡言語学会(編), H25年. (共著:査読あり)

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

本書は従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(...

詳細へ

福原麟太郎著作目録

福原麟太郎著作目録

この頃では,福原麟太郎(1894-1981)の名を知る人は少なくなった.およそ2...

詳細へ

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉(1857(安政4)年~1933(昭和8)年)は筑豊で家業である農業に次...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ