平安朝漢詩文の研究

著者名
金原 理
価格
〔品 切〕
ISBN
978-4-87378-031-3
仕様
A5判 上製函入 464頁 C3091
発行年
1981年10月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介

 平安朝の漢詩文について,その初頭の勅撰三漢詩集の時代から中世の初めまでを通史的に鳥瞰し,代表的な詩人,作品を取り上げて論じたもので,比較文学の領域に及ぶ画期的な労作である。本書は,日本生命財団の刊行助成を得た。
 

目次

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

本書は従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(...

詳細へ

福原麟太郎著作目録

福原麟太郎著作目録

この頃では,福原麟太郎(1894-1981)の名を知る人は少なくなった.およそ2...

詳細へ

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉(1857(安政4)年~1933(昭和8)年)は筑豊で家業である農業に次...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ