よき死の作法

シリーズ名
熊本大学生命倫理研究会論集4
著者名
高橋隆雄/田口宏昭 編
価格
定価 3,200 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-782-4
仕様
A5判 上製 320頁 C3012
発行年
2003年5月刊行
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介

人間の死は,死ぬ本人,家族や社会,また歴史や文化に関わる幾重にも積み重なる意味を担っており,「よき死」への願望と作法は歴史を通じて常に求められてきた。先の3冊の論集と同様に本書も共同研究の成果であり,多様な「死」の諸相をそれぞれの専門とする観点から論ずることで「死」の本質に迫ったものである。

目次

第1章 細胞における死の流儀と意義 .................. 佐谷秀行
  「生」のための「死」/個体,種の保全におけるアポトーシスの役割
第2章 「よい死」をめぐって .............................. 中山 將
  死の諸相/死の思想/死の主体/よい死/死の統合作用
第3章 日本のホスピス・緩和ケアの現状 ............ 井田栄一
  ホスピス・緩和ケアの実際/ホスピス・緩和ケアの定義と利
  用開始時期/日本のホスピスケアの歩みと現状/ホスピスケ
  アの利用者の声/ホスピス担当医師としての私
第4章 看護における死 .................................... 森田敏子
  日常から遠ざかる生と死/人間にとっての死・看護にとって
  の死/その人らしさを支える看取り/癒しの看護とグリーフワーク
第5章 安楽死について .................................... 高橋隆雄
  安楽死と尊厳死の概念/これまでなされてきた議論/安楽死
  と日本的伝統
第6章 古代日本における死と冥界の表象 ............ 森 正人
  日本霊異記の冥界/浄土教における極楽と地獄/仏教的冥界
  観の流布/日本霊異記を遡る/冥界観の古層/天翔る白鳥
第7章 受取人不在の死 .................................... 慶田勝彦
  打瀬船を焼く/水俣病経験の起源化と脱起源化/水俣病と口
  頭領域/儀礼・口頭領域において節合する記憶群
第8章 自然葬と現代 ....................................... 田口宏昭
  自然葬とは何か/家郷喪失者たちと自然葬
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

魯迅

魯迅

「芸術的完成さでは魯迅のあらゆる作品中で第一位を占める」(竹内好『魯迅入門』)。...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ