認知発達の心理学U字型発達曲線の解釈に見る青年前期の認知特性

著者名
青木多寿子
価格
定価 3,400 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-716-9
仕様
A5判 上製 140頁 C3011
発行年
2002年2月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介

 認知発達心理学では青年前期は看過されてきたが,人格・青年心理では青年前期は特別な時期とされてきた。本書は,課題成績が一時的に低下するU字型発達曲線が青年前期に集中することに注目し,幼児から大学生までの被験者に基礎的物理課題の判断をさせ,その質的変化を比較検討したものである。本書で幼児期から児童期,青年期までの主な認知発達理論を学習できるとともに,教育,発達を考える新たな観点が見いだせるだろう。

目次

序 文(山内光哉)
第1章 問題と目的
    青年前期の認知特性/U字型発達曲線/Piagetに見られる
    U字型発達曲線/重さのつり合いの判断
第2章 重さのつり合い判断におけるU字型発達曲線の確認
    Piaget課題の拡張とU字型発達曲線の確認/青年後期の被
    験者を含めた第二,第三位相の確認
第3章 U字型発達曲線出現のメカニズム
 
   誤りと関係する知識は何か/誤った判断への知識の影響/
    素朴理論の強さ
第4章 総合考察と今後の課題
    総合考察/本研究の意義と今後の課題
資料/索引/文献
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

魯迅

魯迅

「芸術的完成さでは魯迅のあらゆる作品中で第一位を占める」(竹内好『魯迅入門』)。...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ