主体感覚とその賦活化体験過程療法からの出発と展開

著者名
吉良安之
価格
定価 3,400 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-756-5
仕様
A5判 上製 200頁 C3011
発行年
2002年11月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介

本書は,ジェンドリンの体験過程療法から出発して,心理療法における体験の変化について著者独自の理論と技法を展開したものである。心理療法の過程でのクライエントとセラピスト双方の「主体感覚」(体験に伴う自律性の感覚)の変遷に注目し,「主体感覚の賦活化」に焦点をあてた理論・技法を,従来の体験過程療法よりもさらに広い範囲の事例に適用可能なものとして提案している。

目次

         第1部 理  論
第1章 本研究の基本的立脚点――体験
第2章 主体感覚の概念の提示
         第2部 事例研究
第3章 体験的応答により主体感覚が賦活された事例の検討
第4章 体験的応答が十分な効果を持たない事例におけるアプローチの原則
第5章 体験の情緒面へのアプローチが有効であった事例の検討
第6章 体験の身体感覚面へのアプローチが有効であった事例の検討
         第3部 考  察
第7章 主体感覚の概念の明確化
第8章 主体感覚と心理的距離
第9章 主体感覚を賦活する心理療法のプロセス
第10章 本心理療法論の特徴
第11章 他の理論との比較検討
第12章 今後の課題
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

魯迅

魯迅

「芸術的完成さでは魯迅のあらゆる作品中で第一位を占める」(竹内好『魯迅入門』)。...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ