自然科学農学・水産学

Biological Control in South and East Asia

Biological Control in South and East Asia

広瀬義躬 編
〔品 切〕
 南および東アジアの中国,インド,日本,マレーシア,フィリピン,タイの各国での害虫や雑草の生物的防除の現状と将来を各国の生物的防除専門家が執筆した総説集。この種の出版は南および東アジアでは初めてであり,この地域の生物的防除の貴重な最新情報を提供する。
 
書籍の詳細へ
現代農業と地代の存在構造

現代農業と地代の存在構造

花田仁伍 編
定価 7,600 円 (税別)
 本書は,現代日本農業の構造展開を規制する重要な要因として顕在化してきた地代の存在構造を,主要農業地帯の農業展開とかかわらせて実証的に分析し,さらに当面する地代政策の課題を総合的に掘り下げた,農業経済研究者や農政担当者の必読の書である。
 
書籍の詳細へ
海洋生態学入門[原著第3版]

海洋生態学入門[原著第3版]

R.V.テイト/三栖 寛 訳
定価 4,000 円 (税別)
 本書は,ロンドン中央理工科大学での海洋生態学の一般的分野についての講義録として1968年に初版が刊行されて以来,改訂を重ねながら20年を越える長寿を保っているものである。我が国においても,海洋学,生物学,水産学を学ぶ学生達にとって海洋生態学に関する適切な入門書となるであろう。
 
書籍の詳細へ
九州のスギとヒノキ

九州のスギとヒノキ

宮島 寛
定価 3,500 円 (税別)
 九州は,古くからスギのさし木造林が盛んで,各地に多くのさし木品種がある。著者は,30余年にわたる綿密な調査・研究によって,これら品種の同定,整理を行い,林業上の遺伝的諸特性を明らかにした。また,ヒノキのさし木在来品種「ナンゴウヒ」をはじめ,ヒノキの林業品種についても詳述した。
 
書籍の詳細へ
転機に立つ日本水産業

転機に立つ日本水産業

西日本漁業経済学会 編
定価 5,500 円 (税別)
 西日本漁業経済学会の三十年の歩みが,いまや「転機に立つ日本水産業」を鋭く分析し,そこから将来を占う予兆を探り出し,ひいてはこれを布石として次世紀にも通ずる予察を打ち出そうと,34人の執筆者がその最善を尽くした論集。
 
書籍の詳細へ
ドイツ農業経営論

ドイツ農業経営論

川波剛毅
〔品 切〕
 テーヤに始まる農業重学古典理論の展開と,戦後ドイツ農業理論の変容を通して,地力維持思想が今日の近代化・機械化したドイツ農業にどのような姿で影響を与え再編されているかを明らかにする。
 
書籍の詳細へ
農業構造の変容と展望

農業構造の変容と展望

土屋圭造・川波剛毅・江島一浩 編
定価 3,300 円 (税別)
 本書は,欧米諸国におけるそれぞれの時代の構造問題や構造政策の比較研究,あるいは品目別の現状における国際的比較研究などを通して,わが国農業政策および農業・農家経営の発展的変革を統合的に追求した共同研究の成果のまとめである。
 
書籍の詳細へ
農産物市場構造と流通

農産物市場構造と流通

梅木利巳 編著
定価 3,000 円 (税別)
 日本農業をめぐる環境がますます厳しくなる中での農産物市場問題の解決の方向,その条件とは何か。「遠隔地農業の市場対応――九州農業の農産物市場と流通」という課題に取り組んだ共同研究の成果。
 
書籍の詳細へ
Studies on the Oceanic Ichthyoplankton in the Western North Pacific

Studies on the Oceanic Ichthyoplankton in the Western North Pacific

小沢貴和 編
定価 10,000 円 (税別)
 本書は北西太平洋産外洋性仔稚魚に関する最初の総括的研究書であり,15科約160種の初期発育と分布が述べられている。内容は研究史,識別特徴,幼期発育の記載,研究成果と問題点,検索,要約,引用文献および図版の順に統一されている。
 
書籍の詳細へ
Ando Soils in Japan

Ando Soils in Japan

和田光史 編
定価 10,000 円 (税別)
 Ando Soils(火山灰土)は,特異な土壌としてその実体解明と有効利用に関心が高まっている。本書は,世界でも最高水準にある日本の火山灰土研究の成果と,土壌研究者が広く利用できるデータ・ベースを収めている。
 
書籍の詳細へ
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

本書は従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(...

詳細へ

福原麟太郎著作目録

福原麟太郎著作目録

この頃では,福原麟太郎(1894-1981)の名を知る人は少なくなった.およそ2...

詳細へ

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉日記 第一巻

太吉円熟期の50歳を迎える年に日記は始まる。炭鉱業の順調な発展とともに、このころ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ