自然科学

油症研究2

油症研究2

古江増隆・赤峰昭文・佐藤伸一・山田英之・吉村健清 編
定価 9,200 円 (税別)
化学物質による環境汚染,なかでもダイオキシン類による環境汚染は人類の負の遺産としてしぱしぱ取り上げられる。油症は1968年に発生した高濃度のPCB類・ダイオキシン類による人体汚染である。あらゆる臓器に高濃度に蓄積したダイオキシン類は,様々な症状を発生させ,40年を経た現在でも血中で検出される。本書は2000年に『油症研究  30年の歩み  』を刊行して以後の10年間の最新の研究成果を収めたものである。
書籍の詳細へ
日本の酒蔵

日本の酒蔵

山口昭三
定価 6,000 円 (税別)
 酒造り(日本酒)の生い立ちと酒造技術の変遷を述べるとともに,酒造り先進地の灘・伏見はもちろん九州から北海道まで全国の酒蔵の構造と建物配置および地域ごとの特徴を300点を超える豊富な図版(実測図,家相図,写真等)で解説する。日本の風土に根ざした酒造りの伝統を今日に伝える貴重な書。
書籍の詳細へ
法令と行政による建設業の取締と統制

法令と行政による建設業の取締と統制

片野 博
定価 7,000 円 (税別)
 戦前の我が国において建設業は行政上一種の「雑業」として扱われており,その所管組織は担当官の異動とともに移り変わったとも言う。本書は戦前から昭和24年の建設業法制定までの期間を対象に,建設業を管理し取り締まった法令や所管行政官庁の変遷や,地位改善をもとめる業界団体の運動や行政への対応過程を,議会議事録・各種規則集や行政関係者の個人文書などの膨大な文献資料を渉猟し解明するものである。
書籍の詳細へ
島弧火山と大陸地殻

島弧火山と大陸地殻

柳 哮
定価 3,000 円 (税別)
本書は島弧で玄武岩マグマから大陸地殻ができる仕組みを紹介するものである。問題はカルクアルカリ岩系マグマの起源にあり,それを開放系マグマ溜りでの結晶分化で解決すると共に,マントルプリズム内の誘導対流と組み合わせ,火山弧と外弧からなる島弧地形や,関門層群と山陰・山陽花崗岩,領家帯からなる白亜紀西南日本内帯の地質を説明する。島弧の岩石学,火山学,地球化学,地質学,地球物理学,惑星地質学を結ぶ専門書である。
書籍の詳細へ
地震時の構造不安定とその照査法

地震時の構造不安定とその照査法

大塚久哲・為広尚起
定価 3,800 円 (税別)
本書は,構造物の地震時不安定現象を予測する新しい解析手法である「増分形式座屈固有値解析」を詳細に解説するものである。振動中の不安定現象の代表例として「動的座屈」と「パラメトリック励振」を取り上げ,模型実験結果と解析結果を併せて示すことで,これらの現象を理解し,解析手法の有効性を認識できるようになっている。さらに座屈現象が現れない場合の余裕度の定量的評価,座屈現象への対処方法を決定するためのシミュレーション手法なども丁寧に解説されている。また,既設のアーチ橋の座屈性能照査事例や,耐震補強による座屈...
書籍の詳細へ
これからのキャンパス・デザイン

これからのキャンパス・デザイン

九州大学新キャンパス計画推進室 編
定価 2,800 円 (税別)
高度情報化社会を迎え,世界中の大学が次世代に向けた変容を遂げようとしている。古くからアジアと日本の交流の接点であった福岡地域をアジアの拠点として再生し発展させたいという社会の要請に応えるため,九州大学は新キャンパスを構想し,整備を進めてきた。本書は,九州大学が多くの関係者とともに取り組んできたこれからの都市と大学キャンパスのデザインを示す書である。
書籍の詳細へ
日本におけるトキソプラズマ症

日本におけるトキソプラズマ症

矢野明彦 編著
定価 4,500 円 (税別)
ペット(ネコ)のコンパニオンアニマル化,AIDS合併症,医原病(臓器移植,輸血,院内感染)などで注目されるトキソプラズマ症は,理解しにくく診断・治療方針に悩まされることが多い日和見感染症である。本書は,トキソプラズマ症研究の第一人者矢野明彦が,基礎研究と臨床現場の融合を目指し,特に臨床医向けに遺した総括的好編著であり,先天性および後天性トキソプラズマ症の豊富な症例を挙げ,病態に即した診断法・治療法・予防法を指南している。
書籍の詳細へ
高齢者医療ハンドブック

高齢者医療ハンドブック

時政孝行 編著
定価 1,600 円 (税別)
本書は高齢者が罹りやすい疾患を,脳卒中の基礎疾患と合併症という切り口からまとめたものである。脳卒中後を4つの病期(急性・亜急性期,回復期,維持期,在宅療養期)に分けた場合,主として回復期から維持期にかかわる病態生理や治療のポイントがわかる。「なぜこうなる?」「どうしてこうする?」など貴重な情報も満載。
書籍の詳細へ
脂質膜の物理

脂質膜の物理

末崎幸生
定価 4,200 円 (税別)
脂質膜の物理化学的研究に興味を持って学びたい読者のために,膜系に限らず力学的,化学的,電気的および統計熱力学的な基本的事項について実験と理論の両面から紹介した。脂質平面2分子膜の安定性の統計力学的解析,脂質膜と麻酔剤の相互作用,液膜の曲げ弾性エネルギーの基本的問題の解析,チューブ状ベシクルの形状転移,カップ状ベシクルの形状解析などの話題を通じて,基礎理論と実際の応用例を示した。
書籍の詳細へ
Regenerated Cellulose Fiber Industry

Regenerated Cellulose Fiber Industry

上出健二
定価 10,000 円 (税別)
19世紀後半のヨーロッパにおける再生セルロース繊維(最初の化学繊維)の発明,開発と工業化,および20世紀初頭における日本への化学繊維の技術移転と,その後1990年代に至るまでの技術・経営の発展を一次資料を駆使して系統的に解明した。19世紀末の世界の最先端技術の開発の経緯と,その技術を日本がどのようにマスターし,更に独自革新技術の開発・工業化し,成功したかを再生セルロース繊維を例として示す。
書籍の詳細へ
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

魯迅

魯迅

「芸術的完成さでは魯迅のあらゆる作品中で第一位を占める」(竹内好『魯迅入門』)。...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ