自然科学理学

元素の名前辞典

元素の名前辞典

江頭和宏
定価2,400円(税別)
欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したことは記憶に新しい。元素名の由来は単なるトピックスに留まるものではない。すなわち、元素名も「名は体を表す」のであって、元素の特性や発見の歴史、元素発見者の思いを反映しているのである。森鴎外がその自伝的小説『ヰタ・セクスアリス』で主人公の金井湛に語らせたように、語源を知ることで記憶に留めやすくなるという実用上の利点も挙げられよう。本書では、全118元素の名前の由来について、その語源を考察する。直接的に語源となった言葉(主...
書籍の詳細へ
木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

岩田隆太郎
定価 8,000 円 (税別)
本書は従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(<林産学)、森林物質循環学(<生態学)というまったく異なる分野で別々に研究されてきた食材性昆虫、木質依存性昆虫の生物学を、これら4分野横断で論じ、新しい学問分野「木質昆虫学」を創設する、著者30有余年の研究の集大成である。扱う内容は木質と昆虫の関わりのすべてであり、これに該当する古今東西の重要な知見をほぼ網羅し、あらゆる視点を系統立てて紹介する。まず、木質と樹木に関する基本的なこと(生物学・化学・物理学)...
書籍の詳細へ
Ancient People of the Central Plains in China

Ancient People of the Central Plains in China

中橋孝博・樊 温泉 編
定価 10,000 円 (税別)
古代中国において,永く政治・文化の中枢域として周辺に多大な影響を与え続けた中原地域。この地を発信源とする人・文化拡散の動きはやがて遠く日本への渡来へと繋がったのではないか。本書はこれまで長く不明だった中原の春秋戦国時代人について,多様な人類学的諸研究と主要遺跡に関する考古学的論考を集成したものである。また,併せて巻末には春秋戦国時代人骨の頭蓋,歯,四肢骨の計測,観察データを個体別に掲載している。
書籍の詳細へ
有機分子の分子軌道計算と活用

有機分子の分子軌道計算と活用

染川賢一
定価 3,400 円 (税別)
本書では,二原子分子から始めて有機分子の物理化学的性質,化学反応性,分子間相互作用および動的挙動などを段階的に,添付の分子軌道(MO)法のMOPAC計算ソフトを駆使して理解する。パソコン画面上で分子軌道(フロンティア軌道など)の空間的様子や,電子密度の偏り,活性化エネルギー,水素結合エネルギーなどの定量的な情報が得られるので,"分子を見て実感する"ことができる。目次に沿って説明する。先ず原子や分子の理解の歴史の表を提示し,水素原子と原子軌道,そしてその結合による水素分子の分子軌道の数理的理解から...
書籍の詳細へ
「青き清浄の地」としての里山

「青き清浄の地」としての里山

中村 聡
定価 1,800 円 (税別)
著者自身による豊富な実例を挙げつつ,最近のフィールド調査結果や数理生態学などの理論的分析に基づいて「里山は自然生態系と比べても生物多様度が高い」という生態学的知見をまず提供する。次にこれを受けて「人間は自然環境に弊害である」という価値基準を批判し,未来に再び「自然と人間の良い関係」を実現するための礎としての里山論を提唱する。ここで里山は,宮崎駿の漫画「風の谷のナウシカ」に描かれたユートピア「青き清浄の地」へと抽象化され,彼が作品に込めた願いへの肯定的な解答になっていく。自然保護・環境保全活動の関...
書籍の詳細へ
新版 スポーツ統計学概論

新版 スポーツ統計学概論

青柳 領
定価 3,800 円 (税別)
本書は福岡大学スポーツ科学部2年次生対象の「スポーツ統計学」のテキストとして書かれたものである。内容は,特に運動生理学,スポーツ医学,スポーツ心理学などの実験系の研究室に所属する学生が卒業論文を作成するための実験を行う前あるいは後の統計分析を中心にまとめてある。しかし,数学が入試科目にない学部の事情を考慮し,難解な内容を極力排除し,初学者も十分利用できるように基礎から学べるように配慮されている。理解をより確かなものにするため,基本的には電卓を用いて計算することを前提に説明しているが,Excelが...
書籍の詳細へ
数の泉

数の泉

加藤久子
定価 1,600 円 (税別)
実数はどのように組み立てられているか,またすべての実数の集合はどのような性質をもっているのかを考察。数の基本法則,さらに数直線に並ぶ実数の大小関係および連続性に注目して解説。まず,自然数,零,分数,整数,有理数の成り立ちから始まる。次に,有理数体の完備化としての実数体の構成過程を理論展開している。あらゆる分野の人に対して予備知識なく読める教養書,また数学への啓蒙書。
書籍の詳細へ
原子核構造論におけるボソン写像法

原子核構造論におけるボソン写像法

高田健次郎
定価 3,600 円 (税別)
本書は原子核構造を解明する上で最も強力な方法の1つとして知られているボソン写像法,特にダイソン型写像法について,その基礎から応用までを平易に解説したものであり,原子核構造論の研究者のみならず,この分野の理論的研究を志す大学院生にも極めて有用な知識を与えるものである。生涯を原子核構造論の研究と物理学研究に捧げた著者永年の研究の集大成。
書籍の詳細へ
東アジアの越境環境問題

東アジアの越境環境問題

柳 哲雄・植田和弘
定価 1,800 円 (税別)
黄砂・酸性雨・光化学スモッグ・エチゼンクラゲ・赤潮・緑潮・海ごみなど,我々は西日本を中心とした大気・海洋の越境環境問題に悩まされている。このような環境問題は汚染発生国を責めるだけでは解決しない。問題の本質理解を日本・韓国・中国という東アジア諸国の科学者・住民が共有し,問題解決のための資金提供をどのように分担すれば相互の利益になるのかを,自然科学・環境経済学の知識を総合化して考える必要がある。本書はそのための最新知識を提供する。
書籍の詳細へ
島弧火山と大陸地殻

島弧火山と大陸地殻

柳 哮
定価 3,000 円 (税別)
本書は島弧で玄武岩マグマから大陸地殻ができる仕組みを紹介するものである。問題はカルクアルカリ岩系マグマの起源にあり,それを開放系マグマ溜りでの結晶分化で解決すると共に,マントルプリズム内の誘導対流と組み合わせ,火山弧と外弧からなる島弧地形や,関門層群と山陰・山陽花崗岩,領家帯からなる白亜紀西南日本内帯の地質を説明する。島弧の岩石学,火山学,地球化学,地質学,地球物理学,惑星地質学を結ぶ専門書である。
書籍の詳細へ
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

魯迅

魯迅

「芸術的完成さでは魯迅のあらゆる作品中で第一位を占める」(竹内好『魯迅入門』)。...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ