モノから見た海域アジア史モンゴル~宋元時代のアジアと日本の交流

シリーズ名
九大アジア叢書11
著者名
四日市康博 編著
価格
定価 1,000 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-966-8
仕様
新書判 並製 216頁 C1321
発行年
2008年4月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介

古来より国と国,地域と地域を分け隔て,結びつけた「海域」は人・モノ・文化の交流の舞台となってきた。その海域からアジア史を見ると,従来の枠組みからは見えなかった歴史が見えてくる。本書は中世の海域アジアを行き交った様々なモノ,石材・木材・陶磁器・貴金属を通じて考古学・日本史・東洋史を専門とする各研究者が日本とアジア,ユーラシアの交流の諸相を解説したものである。写真・図版多数収録。

目次

     〈石材から見た海域アジア交流〉
第1章 海域アジアの碇石航路誌.............................................小川光彦
     〈木材から見た海域アジア交流〉
第2章 「板渡の墨蹟」と日宋貿易.............................................榎本 渉
     〈陶磁器から見た海域アジア交流1〉
第3章 海域アジアの貿易陶磁とコンテナ陶磁...........................向井 亙
     〈陶磁器から見た海域アジア交流2〉
第4章 アジアの海を渡った龍泉青磁.......................................森 達也
     〈貴金属から見た海域アジア交流〉
第5章 銀と銅銭のアジア海道.............................................四日市康博
第6章 〈対談〉モノから見た海域アジア交流と日本(インタビュアー 四日市康博)
     1. アジアの「硫黄」海道と技術革新 ..............................山内晋次
     2. 「ヤコウガイ」海道のゆくえ .....................高梨 修・田中史生
     3. 中世「博多」の中国商人をめぐって ........................田上勇一郎
     4. 考古学から見た「琉球」史の転換点 ........................片桐千亜紀
     5. 「平泉」の都市性とモノの流通 .................................佐藤嘉広
     6. 結節点としての中世港「十三湊(とさみなと)」 .........工藤 忍
     7. 沈没船が語る「南海交易」 .......................................高 栄盛

その他

 訂 正(2008年4月30日初版発行分)

頁数等
口絵2
奄美大島住用町
奄美大島奄美市住用町
「海域アジア関連地図」中
イン=ハン朝
リアンポー
イル=ハン朝
リアムポー
36頁 表1-1 現所在地 2行目
大島郡住用村奄美アイランド
大島郡奄美市住用村奄美アイランド
194頁 上段14行目
沖縄県立博物館
沖縄県立図書館
195頁 下段10行目
市浦村歴史民俗資料館蔵
五所川原市教育委員会蔵
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

本書は従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(...

詳細へ

福原麟太郎著作目録

福原麟太郎著作目録

この頃では,福原麟太郎(1894-1981)の名を知る人は少なくなった.およそ2...

詳細へ

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉(1857(安政4)年~1933(昭和8)年)は筑豊で家業である農業に次...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ