日韓民俗文化比較論

シリーズ名
<日本生命財団出版助成図書>
著者名
金宅圭
価格
定価 8,000 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-630-8
仕様
A5判 上製函入 372頁 C3039
発行年
2000年5月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介

  不幸な歴史的経緯で開始された日本の朝鮮半島統治が1945年に終焉した後,韓国人による日本民俗研究は,韓国民俗学会の強いナショナリズム体質と自民族文化優越主義が災いして,韓国内においてタブー視されてきた。伊藤亜人教授(東京大学)・嶋陸奥彦教授(東北大学)らの日本人研究者が韓国内でのフィールド・ワークを通して数多くの高論を発表してきたが,この数年前まで本書の著者である故金宅圭教授をはじめとする少数の研究者のみが関心を持つに過ぎず,韓国民族学会の大半は,日本民俗研究に特別な関心を向けなかった。1945年以降,すでに50年経過したのにも拘わらず,長期間滞日しながら実施された金宅圭教授による本格的な民俗学的フィールド調査が,最初の記念碑的業績であることは,如実にこの韓国民俗学会の風潮を物語っているだろう。
  学界の重鎮であった金宅圭教授が,国際化が叫ばれる今日的状況において,その閉鎖的な体質の打破を強力に主張し,日韓相互理解の観点に立ち,率先して公表した研究成果が,本書である。
  日本語古典文をも自由自在に読解できる流暢な日本語運用能力を駆使して,金宅圭教授の問題関心は多様な分野に向かっている。古代から現在へと通事的な時間軸に沿った民俗文化の変容,そして食文化から親族組織にわたる共時的な幅広い民俗文化の理解など,本書で展開された論点は実に興味深い。個々の論文は,宮城県,石川県,そして九州各地で実施されたフィールド・ワークの豊かな結実である。
  それ故に,本書は,韓国人のための日本民俗の紹介書であると同時に,日本民俗文化に対する韓国人研究者が映し出した鏡でもある。本書の刊行を契機として日本と韓国の両国における相互理解が進み,21世紀に向けて新しい両国関係が構築されることを強く期待したい。 

目次

  第1章 日韓文化の比較を巡る幾つかの視点
   序論/私見の再検討/神々の系譜/新羅文化と出雲文化/新羅及び古代日本文化の
   比較における幾つかの視点/結論
  第2章 新羅及び古代日本の神仏習合について
   序論/仏教伝来初期の社会的反応/神仏習合の実相/結論
  第3章 韓国の血縁共同体――いわゆる同族村落をめぐる若干の覚え書――  
   はじめに/同族・同族村落の概念/同姓村落の実相
  第4章 日韓両国のいわゆる「同族」村落に関する比較研究
   序論/用語と概念/「同族」村落の成立過程と身分の形成/「同族」村落の血縁関係/
   「同族」村落の地縁集団的性格/同族組織の経済的基盤/結論――日韓両国の「同族」
   村落の相違
  第5章 東アジア諸地域の族体系について
      ――族体系の理念と実態からみた連続と変容に関する比較試論  
   序論/韓民族の族体系/韓国の氏族と沖縄の門中/韓・中・日三国文化の琉球への
   影響/満族――中国大陸と韓半島のあいだ/女性の地位/結論
  第6章 礼俗と民俗の変容に関わる一試論
      ――東海岸一農漁村における民俗祭儀の班礼化現象  
   はじめに/狗岩洞の概要/祭神・祭場・祭官/堂告祀/洞祭と家族/祭儀の構成/
   むすび
  第7章 韓民族の食文化
 
  はじめに/雑穀と稲米/稲作の伝来/主食・副食の分離/農耕以前の食文化/副食
   の多様化/臼と甑と釜/複合と文化/別食の普及/礼と食文化/まとめ
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

本書は従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(...

詳細へ

福原麟太郎著作目録

福原麟太郎著作目録

この頃では,福原麟太郎(1894-1981)の名を知る人は少なくなった.およそ2...

詳細へ

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉日記 第一巻

太吉円熟期の50歳を迎える年に日記は始まる。炭鉱業の順調な発展とともに、このころ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ