情報技術と差別化経済

シリーズ名
経済工学シリーズ・第2期
著者名
萩野 誠
価格
定価 3,000 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-785-5
仕様
A5判 並製 292頁 C3333
発行年
2003年5月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介

 情報化経済の帰結は,すべての産業で差別化が進むことであるという仮説を展開したのが本書である。これを本書では「差別化経済」と呼ぶ。
 差別化は製品差別化に代表される概念である。製品差別の諸理論を検討することにより,情報技術が製品差別をもたらし,また,それが情報技術の本質的な特徴からももたらされることを示した。
 経済の基底に流れる大きな変化を「差別化経済」と捉え,ひとつの分析視角を提示したものである。

 

目次

第1章 本書の目的と課題
   第1部 差別化概念の検証
第2章 製品差別の形成要因
第3章 広告・宣伝と製品差別
第4章 消費者からみた製品差別
    第2部 情報技術の進歩
第5章 情報化の対象領域と推進要因
第6章 情報関連インフラストラクチュアと情報化
第7章 情報技術からみた情報化
     第3部 差別化経済
第8章 情報技術と差別化経済の出現
第9章 エリア・マーケティングと情報技術
第10章 電子商取引におけるWebContentsの構造
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

魯迅

魯迅

「芸術的完成さでは魯迅のあらゆる作品中で第一位を占める」(竹内好『魯迅入門』)。...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ