中世、ロワール川のほとりで聖者たちと。

著者名
宮松浩憲 訳
価格
定価3,800円(税別)
ISBN
978-4-7985-0199-4
仕様
四六判 上製 372頁 C1022
発行年
2017年3月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介


本書は、フランスの中世社会においてキリスト教がどのように浸透していったのか、を読者と一緒に学ぶために編まれたものである。ここでは、中世の人々が日々目撃していた聖者やその聖遺物が起こす奇蹟に注目し、聖者文学のなかでも特に伝記と奇蹟譚を選び、その邦訳を試みた。歴史学者である訳者が専門とするロワール川流域において、4世紀から12世紀にかけて活躍した7名の聖者が取り上げられており、通読すれば、800年の間における人々の日常生活や信仰、聖者文学の様式や内容の変遷なども分かるように構成されている。何編もの聖者文学が続くが、飽きることなく読み進められるよう、表現や文体にも工夫がほどこされている。さらに、各作品冒頭の「解題」で理解の助けとなる作品解説がなされ、全体の「解説」においては、聖者文学の性格や書かれた目的等が明らかにされている。対象とされた聖者はほとんどが各地域でのみ崇敬されていた無名の聖者であることから、本書は貴重な史料の世界初の現代語訳となろう。

なお、「解説」では聖者文学の研究史や歴史研究への活用方法なども示されており、西洋中世史研究の入門書としての役割も果たす。


目次

はじめに
 
解 説
 
 一 中世の人々と聖者文学
 二 史料としての聖者文学
 三 ロワール川とアンジェ
 
第一話 聖モリーユ
 
 伝記1
 伝記2
 奇蹟譚
 
第二話 聖オバン
 
 伝記
 奇蹟譚
 
第三話 ヴェルトゥの聖マルタン
 
 伝記
 奇蹟譚1
 奇蹟譚2
 
第四話 聖レザン
 
 伝記1
 伝記2
 
第五話 聖マンブゥフ
 
 伝記
 
第六話 アルブリセルの聖ロベール
 
 伝記
 
第七話 聖ジロー
 
 伝記
 奇蹟譚
 
 おわりに
 
 参考文献
 
 索 引

著者紹介

宮松浩憲(みやまつ ひろのり) 
1945 年中国,大連で生まれる。
九州大学大学院文学研究科博士課程(西洋史)修了。
レンヌ(仏)大学第3 期博士。久留米大学経済学部名誉教授。
著書:『西欧ブルジュワジーの源流』(九州大学出版会,1993 年),
『金持ちの誕生』(刀水書房,2004 年)。
La naissance du riche dans l’Europe médiévale (Les Perséides, 2008),
La royauté carolingienne et son administration régionale (ibid., 2014),
Le polyptyque d’Irminon (ibid., 2015). 
訳書 : J. マビヨン『ヨーロッパ中世古文書学』(九州大学出版会,2000 年),
J. リシャール『十字軍の精神』(法政大学出版局,2004 年),
R. S. ロペス『中世の商業革命』(法政大学出版局,2007 年)。

書評

毎日新聞「今週の本棚 (2017年4月16日付 東京朝刊) 評者:本村凌ニ(早稲田大学特任教授)
 
西日本新聞「読書館(郷土の本)」 (2017年4月23日付 朝刊)

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

中世、ロワール川のほとりで聖者たちと。

中世、ロワール川のほとりで聖者たちと。

本書は、フランスの中世社会においてキリスト教がどのように浸透していったのか、を読...

詳細へ

魯迅

魯迅

「芸術的完成さでは魯迅のあらゆる作品中で第一位を占める」(竹内好『魯迅入門』)。...

詳細へ

木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

本書は従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ