オーロラ・リーある女性詩人の誕生と成熟の物語

著者名
エリザベス・バレット・ブラウニング/小塩トシ子 訳
価格
定価 4,600 円 (税別)
ISBN
978-4-7985-0083-6
仕様
A5判 上製 354頁 C1098
発行年
2013年1月
その他
2013年度日本翻訳家協会賞・翻訳特別賞受賞
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

時代は繁栄と貧困が際立つ対比をなすヴィクトリア時代。 ロンドン~パリ~トスカーナと舞台を移しながら繰り広げられる,3人の愛と別れ,そして感動のクライマックス。該博な古典の知識と思索を重ね19世紀イギリス詩壇で一世を風靡し,女性解放思想の旗頭ともなったエリザベス・バレット・ブラウニングの代表作の一大叙事詩が今ここに蘇る。
 
オーロラ・リー
 幼くしてイギリス人とイタリア人の父母を失うも,自立と芸術の道を選んだ新進女流作家。
ロムニー・リー
 オーロラの従兄で,先祖伝来の恵まれた地位と財産を貧民救済活動に注ぎ込む社会改良運動家。
メアリアン・アール
 運命に弄ばれ姦計に堕ちながらも, 高潔さを失わない貧民階級出身の女性。

目次

 凡例
 
第一巻
 
第二巻
 
第三巻
 
第四巻
 
第五巻
 
第六巻
 
第七巻
 
第八巻
 
第九巻
 
 訳注
 解説 『オーロラ・リー』を読むために  自叙伝から叙事詩へ  
 年譜
 文献
 訳者あとがき

著者紹介

小塩トシ子(おしお としこ)
1932年生まれ。東京女子大学卒。東京都立大学大学院修士課程修了,フェリス女学院大学名誉教授。専門はエリザベス朝文化と文学,および女性詩人たちの系譜。
 
論文・評論:
『シルヴィア・プラスの世界』(共著,南雲堂,1982)
「Elizabeth Barrett Browning」『英語青年』127巻5号,1981.
‘Ophelia:Experience into Song’Hamlet in Japan ed. Yoshiko Ueno(AMS Press,1995)
「刺繍と論争――『アーケイディア』の女性像」(『フェリス女学院大学文学部紀要』32,1997)
「メアリー・シドニーとイギリス・ルネッサンス――ペンブルック伯爵夫人の訳業をめぐって」(同上34,1999)
 
翻訳:
シルヴィア・プラス著『ジョニー・パニックと夢の聖書』(共訳,弓書房,1978)
サー・フィリップ・シドニー著『アーケイディア』(共訳,九州大学出版会,1999)
キャサリン・ダンカン・ジョーンズ著『廷臣詩人サー・フィリップ・シドニー』(共訳,九州大学出版会,2010)
『歓びのうた, 祈りのこころ』(編・対訳詩集 日本基督教団出版局,2010)

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ...

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも...

詳細へ

大学生活、大丈夫?

大学生活、大丈夫?

日本の20代の死因第1位は自殺であり、大学生を含めた若者のメンタルヘルス対策は重...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ