愛と性の政治学シェイクスピアをジェンダーで読む

著者名
朱雀成子
価格
定価 2,600 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-903-3
仕様
四六判 上製 268頁 C1098
発行年
2006年3月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

愛と性を管理しようとする父権制という権力構造は,魔女・娼婦・じゃじゃ馬・天使・女神などの女のレッテルを生み出した。本書は,シェイクスピアの描いた男女・家族の愛と性が,いかに〈政治〉と関係しているかをジェンダーの視点から探り,21世紀に生きるシェイクスピアの女と男を描く。

目次

 はじめに
 
第一章 「ヒーロー」クレオパトラと「ヒロイン」アントニー
      『アントニーとクレオパトラ』 Antony and Cleopatra
 
  1 クレオパトラの「男性性」とアントニーの「女性性」
  2 エジプト女王
  3 クレオパトラのセクシュアリティ
  4 「ヒロイン」の死と「ヒーロー」の死
  5 「妻」の役割
 
第二章 従順を演じるキャタリーナ
      『じゃじゃ馬馴らし』 The Taming of the Shrew
 
  1 キャタリーナのスピーチ
  2 キャタリーナとペトルーチオの出会い
  3 従順を演技する行為
 
第三章 王妃ガートルードとオフィーリア
      『ハムレット』 Hamlet
 
  1 ガートルードの女性表象
  2 オフィーリアの女性表象
  3 ガートルードとオフィーリアの「女同士の連帯」
 
第四章 母性、家族、国家
      『コリオレイナス』 Coriolanus
 
  1 息子をモノとしている母
  2 母の勝利
  3 ヴォラムニアとヴァージリアの時間
  4 母性,家族,国家
 
第五章 ハーマイオニの変貌
      『冬物語』 The Winter's Tale
 
  1 ハーマイオニのセクシュアリティ
  2 夫婦のズレ
  3 母,息子,娘
  4 ハーマイオニの冬の物語
  5 ハーマイオニの「非在」
 
第六章 ミランダの役割
      『テンペスト』 The Tempest
 
  1 沈黙のクラリベル
  2 ミランダの結婚
  3 「魔女」シコラクス
  4 ミランダの受けた特殊教育
  5 娘をもつことの希望と意義
 
 注
 おわりに
 図版出典一覧
 索引

著者紹介

朱雀成子(すじゃく しげこ)
1945年生まれ。九州大学文学部卒業,大学院修士課程修了,博士(文学)。梅光学院大学
教授を経て,現在,佐賀大学文化教育学部教授。
主な著作(共著):「ハーマイオニの変貌 シェイクスピアをジェンダーで読む」,『シェイクスピア
を読み直す』(柴田稔彦編,研究社,2001年);「ハムレットの母と恋人」,『ハムレット』(青山
誠子編,ミネルヴァ書房,2006年)他

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ