セリーヌの道化的空間

著者名
木下樹親
価格
定価 5,300 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-958-3
仕様
A5判 上製 248頁 C3098
発行年
2008年1月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

呪われた作家から自虐の道化師へ――本書は〈敗残の巨人〉セリーヌの作品を20世紀の傑出した道化文学として読み解く試みである。主要な長編小説のみならず,今なおタブー視されている激烈な反ユダヤ主義文書も射程に入れ,セリーヌの創作的想像力の本質に迫っている。単独著者によるセリーヌ研究書としては本邦初の出版である。

目次


第一章 道化物語としての『夜の果てへの旅』
  一 『夜の果てへの旅』における道化的な笑い
  二 矛盾の敷居――第一セカンス
  三 道化物語としての『旅』
第二章 〈フェルディナン作品群〉におけるグロテスク
  一 『なしくずしの死』における〈進歩〉と懐古趣味
  二 『戦争』における〈グロテスク〉
  三 『ギニョルズ・バンドII』におけるファンタスム
第三章 三つの〈バガテル〉
  一 三つの〈バガテル〉
  二 『戯言』の文学論
  三 臨床医と香具師の想像力
  四 苦境からポエジーへ
第四章 セリーヌの〈夢現劇〉
  一 壁に閉ざされたシャンソン
  二 〈めまい〉の夢現劇
第五章 〈ドイツ三部作〉における道化的空間
  一 〈ドイツ三部作〉序論
  二 廃墟の道化師たち
結 論
 註
 参考文献一覧
 あとがき
 索引
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ