自己決定の時代の倫理学

著者名
高橋隆雄
価格
定価 4,620円(税率10%時の消費税相当額を含む)
ISBN
978-4-87378-660-5
仕様
A5判 上製 232頁 C3012
発行年
2001年1月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

 本書ではデータ解析にもとづく倫理学の理論の概要を述べるとともに,総計6,000名にのぼる高校生等への意識調査の結果を踏まえた,自己決定の時代の現状分析を行っている。現状分析の内容は,マスコミによるイメージ操作の検証,個人主義的自由主義の原理であるミルの原理の受容状況や問題点,いじめの分析,他者概念の検討,大人と子供の境界の曖昧化現象の考察等であるが,それらを貫く縦糸は「自己決定」,「自由」である。また現代は,生命や環境,情報といった領域で,社会のレベルでも自己決定する必要に迫られている。本書の提唱するところの調査にもとづく倫理学の方法は,いわゆる「反省的均衡」の方法を実行可能にするものであり,社会的自己決定を導く有力な方法である。

目次

はじめに
第1章 意識調査にもとづく倫理学の理論
      トップダウンとボトムアップの総合  
第2章 本書における統計的手法とその哲学的含意
第3章 われわれはどれだけ自己を理解しているか
第4章 現代日本におけるミルの原理の受容状況
第5章 いじめについての解析
第6章 自己決定を取り巻く状況
      自然・家庭・社会  
第7章 自己決定の時代に向けて
高校1年生アンケートとパーセンテージ

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒819-0385
福岡県福岡市西区元岡744
九州大学パブリック4号館302号室
電話:092-836-8256
FAX:092-836-8236
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ