中性子スピン光学

著者名
阿知波紀郎 編著
価格
定価 4,500 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-765-7
仕様
A5判 上製 260頁 C3042
発行年
2003年2月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

中性子スピン干渉法では,中性子スピン固有状態への分波と,重ね合わせにより,固有状態間の位相差が中性子強度の変化として観測され,中性子と種々の場との相互作用が実験的に観測される。著者らが発展させたこの枠組みが,スピノールの位相変換として,詳細に解説されている。また,新しい中性子スピンエコー法の開発など,この原理の応用の新しい展開が解説されている。この実験法の開発には,中性子偏極ミラー,共鳴中性子スピンフリッパーなどの中性子制御デバイスの開発が重要で,これらの開発原理も詳細に解説される。この分野を目指す大学院生には,基礎量子力学における位相決定が思考実験的演習として体験できる。

目次

第1章 中性子の光学的性質と中性子偏極デバイスそして中性
    子スピン干渉の原理
     ...............阿知波紀郎,田崎誠司,日野正裕,山崎 大
第2章 冷中性子スピン干渉実験法の開発と高分解能分光器へ
    の応用 
         ........................海老沢 徹
第3章 中性子スピンスプリッターによる新しい中性子スピン
    エコー分光器の開発
    ...........................田崎誠司
第4章 冷中性子スピン干渉法を用いた磁気膜トンネル位相の
    測定
           .........阿知波紀郎,日野正裕
第5章 極冷中性子ボトルを用いたスピン干渉実験法の開発と
    微弱相互作用の検出
    ........................海老沢 徹
第6章 中性子波による遅延選択実験...........................河合 武
第7章 共鳴スピンフリッパーを用いた冷中性子スピン干渉法
                 ...........................山崎 大

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ