ジェンダーの民族誌フィリピン・ボントックにおける女性と社会

著者名
森谷裕美子
価格
定価 8,200 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-814-2
仕様
A5判 上製 478頁 C3036
発行年
2004年2月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

ボントック社会では制度や規範といった面で柔軟なところが多く,現実の問題や社会の変化に応じさまざまな対応をする。そこでは女性たちが主体的,戦略的にその役割を利用し,状況に応じて新たな役割を創りだしていくことができる。このような社会で,経済活動の主たる担い手として重要な位置を占める女性たちがどのような社会的地位を与えられているのか,あるいはどのような役割が新たに創りだされていくのか,ジェンダーというものを女性だけの問題としてではなく男性との関係において社会全体の枠組みのなかでとらえることによって,民族誌を再構築しジェンダーを考える。

 

目次

序 章 本書の目的
第1章 概 観
  フィリピンの構成/調査地概況
第2章 女たちとその世界
  政治・経済・法/家族・親族の構成/アト  男性領域
  としての男子集会所とアト集団  /オログ  女性領
  域としての娘宿  /社会階層性
第3章 空間と霊的世界
  生活空間/霊的存在/全知全能の神ルマウィ/付録 ル
  マウィ神話/婚姻儀礼と葬送儀礼
第4章 性
  農業と女性/労働グループ/性と女性の不浄性/女性と
  性的役割
第5章 結 論
ボントック語彙集

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ