家族の起源〔増補版〕エンゲルス『家族,私有財産および国家の起源』と現代民族学

著者名
江守五夫
価格
定価 3,800 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-821-0
仕様
A5判 並製 380頁 C3036
発行年
2004年4月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

エンゲルスの古典を現代民族学から検証し,その再構築を期す。共同体を視野に入れた著者独自の比較家族史学の成果。増補版では,アメリカの人類学者マーヴィン・ハリスの理論を参照し,「女子労働の発展と家父長制の止揚」の命題を掲げ,混乱せる現代家族の状況を分析する。

目次

  第一篇 家族史研究と《種の繁殖》の命題
序 章 《種の繁殖》の命題に関する問題点
第一章 家族史研究と史的唯物論
       青山・玉城論争を中心として  
第二章 いわゆる《種の繁殖》の命題と史的唯物論
       玉城肇教授の反批判論文への再批判  
第三章 近親姦禁忌の発生に関するモルガン=エンゲルス理論とその批判
  第二篇 エンゲルスの『家族起源論』と現代民族学
第一章 『家族起源論』の体系と《家族》の起源
第二章 原始乱交=集団婚説の批判的検討
第三章 母系制の物質的基礎と一夫一婦制の形成過程
第四章 原始血縁共同体の親族構造
  第三篇 補  論
第一章 原始共同体に関する論争
       B.マリノウスキー対R.ブリフォールト  
第二章 近世自然法論と民族学
       動物社会学的家族起源論  
第三章 植民地支配のイデオロギーとしての国家最高地主説の展開
       英蘭両国のインドネシア支配を中心として  
  第四篇 増補版 補論
第一章 女子労働の発展と家父長制の止揚
       エンゲルスの『家族起源論』の現代的意義  
第二章 原始共同体の社会規範と《家と屋敷地》

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ...

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも...

詳細へ

大学生活、大丈夫?

大学生活、大丈夫?

日本の20代の死因第1位は自殺であり、大学生を含めた若者のメンタルヘルス対策は重...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ