人間文化基礎論

シリーズ名
長崎純心大学学術叢書 6
著者名
稲垣良典
価格
〔品 切〕
ISBN
978-4-87378-790-9
仕様
A5判 上製函入 190頁 C3310
発行年
2003年8月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

内容紹介

この書物は「文化の哲学」への序論として,出来る限り根元的・批判的に「文化とは何か」と問う試みである。かつてT.S.エリオットは「文化」という言葉が「一種の情緒的刺激剤あるいは麻酔剤」または文化の多様な要素のなかの一つを指す「一般名詞」としてのみ用いられていることを歎いたが,事情は今日でも変わっていない。本書がめざすのは,キリスト教的ヒューマニズムの光にてらして,様々の近代的な幻想や偏見に蔽われている人間文化の本質をつきとめることである。

目次

第1章 人間文化とヒューマニズム
 ヒューマニズムと文化/現代のヒューマニズム論
  サルトル,ハイデガー,マリタン /キリスト
 教的ヒューマニズム
第2章 自然と文化
 自然と神/自然と精神/文化と人間本性
第3章 文化と倫理
 文化倫理学の課題/政治倫理の問題 共通善の概
 念 /芸術と倫理/科学と倫理
第4章 文化と宗教
 宗教とは何か/文化と宗教の問題/文化と宗教の
 対立の問題/宗教的文化の問題
第5章 人間文化の普遍性と多様性
       残された課題  

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒819-0385
福岡県福岡市西区元岡744
九州大学パブリック4号館302号室
電話:092-836-8256
FAX:092-836-8236
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ