現代会計の国際的動向と展望

著者名
津守常弘 編
価格
〔品 切〕
ISBN
978-4-87378-599-8
仕様
A5判 上製函入 274頁 C3034
発行年
2000年1月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

内容紹介

近年,会計は極めて重要な歴史的転機を迎えている。EC指令を典型とするような会計規範(基準・法令)の国際的調和化という新しい現象が生じており,しかも,このような現象との関連で先進諸国における会計計算と公開制度の内容が変化しつつある。このような会計の現状を明確に把握するため,対象を先進諸国(日本,アメリカ,ドイツ,イギリス)および国際会計とし,それぞれについて,会計理論・会計制度・会計実務という3つの側面から分析を行っている。

目次

  はしがき(津守常弘)
    日本:会計研究の動向・結合企業の統治構造と連結優位の会計制度(醍醐 聰)
        /会計制度における諸問題(西田 博)/会計実務における諸問題(平松
一夫)
  アメリカ:会計研究の動向(斎藤静樹)/会計制度における諸問題・経済的影響パラ
ダイムにみる会計原則と会社法の交錯(伊藤邦雄)/会計実務における諸
問題・会計実務への会計学的支持論理の変遷(山地秀俊)
   ドイツ:会計研究の動向・ドイツにおける「正規の簿記の諸原則論」の展開方向
(導出方法を中心として)(森川八洲男)/会計制度における諸問題・秘密
積立金と選択権(土方 久)/会計実務における諸問題・西ドイツの会計
実務管見(中居文治)
  イギリス:会計研究の動向・英国会計制度の認識像を巡る若干の問題(千葉準一)
会計制度における諸問題・現代イギリスにおける会計の「私的統制」と
「会計政治化」(小野武美)/会計実務における諸問題・会計実践論の背
景と展望(酒巻政章)
  国際会計:会計研究の動向・定性的研究から定量的研究へ(徳賀芳弘)/国際会計研
究と比較会計制度論(中川美佐子)/会計基準の国際的調和化における諸
問題(高山朋子)/国際的財務報告における諸問題・金融子会社の連結問
題について(高須教夫)

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒819-0385
福岡県福岡市西区元岡744
九州大学パブリック4号館302号室
電話:092-836-8256
FAX:092-836-8236
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ