日本民法典と西欧法伝統 日本民法典百年記念国際シンポジウム

著者名
西村重雄・児玉 寛 編
価格
〔品 切〕
ISBN
978-4-87378-621-6
仕様
A5判 上製 564頁 C3032
発行年
2000年2月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

内容紹介

日本民法典は,1998年に施行百年を迎えた。その主たる母法であるフランス民法典とドイツ民法典は,それぞれの独自性をもちつつ,ローマ法以来の二千年を超える法伝統の中で編纂されている。本書は,日本民法典の規定や制度の形成とその後の展開をそのような西欧法伝統の中で評価し位置づけることを企図して開催された国際シンポジウムの  成果を纏めたものである。

目次

 ボワソナードとその時代 …………………… クリストフ・ジャマン/大久保泰甫 訳
一八九八年から一九四五年にかけてのフランスの法律家の日本民法典と
法令に関する知識について…………… ジャン=ルイ・アルペラン/野上博義 訳
どのような注釈か? 法典化された法の解釈技法の評価について
…………………………………………… アルフォンス・ビュルゲ/児玉 寛 訳
日本民法典とローマ法 ………………………… ロルフ・クニューテル/石川真人 訳
電気通信事業体の約款とその拘束力…………………………………………… 野田龍一
契約の解釈規則に関する比較法的考察 ……… クリフトフ・クランペ/上村一則 訳
強迫における害悪の重大性と第三者効………………………………………… 田中教雄
「何人も自己自ら占有の性質を変更することを得ず」………………………… 吉原達也
現代における占有保護の歴史的前提 …… ハンス・ヴィーリング/五十君麻里子 訳
与える給付と担保する給付……………………………………………………… 金山直樹
債務[給付]の分類に関する省察 ………… フィリップ・シムレール/小柳春一郎 訳
契約の相手方を選ぶ自由と債権譲渡
………………………………… クヌート・ヴォルフガング・ネル/飛世昭裕 訳
第三者弁済と任意代位…………………………………………………………… 小川浩三
担保者相互間における求償とその求償期待の保護…………………………… 福田誠治
第三者のためにする契約の判定基準…………………………………………… 児玉 寛
日本民法との比較におけるドイツ民法典の解除制度の発展史
……………………………………… ハンス・ゲオルグ・レーザー/福田清明 訳
「自己固有の注意」論の系譜……………………………………………………… 西村重雄

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒819-0385
福岡県福岡市西区元岡744
九州大学パブリック4号館302号室
電話:092-836-8256
FAX:092-836-8236
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ