人文科学芸術

九州美術史年表(古代・中世編)

九州美術史年表(古代・中世編)

平田 寛
定価 14,000 円 (税別)
 本書は,九州の古代・中世(6―16世紀)における絵画,彫刻,金工等の美術についての資料を確定し,美術編年史の基本をつくることを目的としている。対象とする年代は古代・中世であって,具体的には,仏教公伝(538)からキリスト教伝来(1549)までの美術史料がとりあつかわれる。仏教美術および神道美術が美術制作の根幹をなし,美術が公的で社会性をになった時代である。 これらの美術史料は,今のこる作品と歴史文献の参照とにもとづいて確定されたものである。銘文は,20世紀におけるいわゆる文化財調査をふくめた美...
書籍の詳細へ
音響設計学入門

音響設計学入門

九州芸術工科大学音響設計学科 編
定価 2,800 円 (税別)
九州芸術工科大学音響設計学科の教官を総動員して「音響設計」の核心と基礎に迫った入門書。高校生,大学低学年生を主な対象に,なるべく平易な言葉で分かりやすい説明を試みる。生活の中の音,音科学の歴史,音楽,楽器,言葉,声,耳,情報としての音など,音を取り巻く多彩な側面を大きな流れの中で捉え,「人間の時代」としての21世紀を音でデザインする。
書籍の詳細へ
映像学・序説

映像学・序説

岡田 晋
定価 4,700 円 (税別)
 開かれた映像の世界,その学の誕生に賭ける著者は,現象学・美学・ゲシュタルト理論,さらに記号学・意味論・構造主義等を駆使して,写真・映画・テレビなど媒体の機能・形態を超えて,映像という新たなレベルでの体系化を試みる。
書籍の詳細へ
芸術作品と時間

芸術作品と時間

堀 月子
定価 2,200 円 (税別)
 音楽と絵画――時間芸術,空間芸術という観点からは両極的存在に見える両者を,それぞれ,時間という観点から究明することによって,終極的には,両者の芸術作品としての根元的共通性を明るみに出す。
 
書籍の詳細へ
芸術工学概論

芸術工学概論

吉武泰水 編
定価 2,500 円 (税別)
 技術を人間生活に適切に利用するために,技術の基礎である科学と,人間精神の最も自由な発現である芸術とを総合する「総合的デザイン」論,「芸術工学」の理念,生い立ちとその展開,学問的体系を考える。
 
書籍の詳細へ
舞踊における美への視点

舞踊における美への視点

金城光子
定価 5,000 円 (税別)
 本書は,「舞踊鑑賞の認知構造」を実証的に明らかにした13章と附票から成り,研究対象の選択,精緻なデータ処理,表示法のくふうなど,舞踊研究へ多くの示唆を与えるとともに,世界の舞踊の中での琉球舞踊を位置づける。
 
書籍の詳細へ
映画学から映像学へ

映画学から映像学へ

岡田 晋
定価 3,200 円 (税別)
 戦後の映画-映像理論に支配的だったサルトル,メルロ-ポンティの現象学,構造主義的記号学から,ラカンの精神分析やクリステヴァの記号分析が広く取り入れられ,今までの研究方法そのものが問いなおされている。本書は著者の映像学の新たな成果である。
 
書籍の詳細へ
芸術家の責任

芸術家の責任

J.マリタン/浜田ひろ子 訳
定価 1,800 円 (税別)
 西欧の伝統哲学を再生し,20世紀パリの芸術運動にも親しかったJ.マリタンは,人生と芸術に対する深く強い思念をとおして,芸術創造に働く力を洞察,芸術が人間の共同体に対し担いうる責務のあることを説く。
 
書籍の詳細へ
ガウディニスモ

ガウディニスモ

松倉保夫
定価 15,000 円 (税別)
 天才建築家ガウディの思想(ガウディニスモ:ガウディの芸術論,建築論,人生論)を弟子ベルゴスが集めたガウディのことば,ガウディの作品(カラー32頁,モノクロ88頁),友人・弟子たちの証言によって体系づけ,その壮大・深遠な自然認識の全貌を初めて明らかにした。
 
書籍の詳細へ
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ