彗星

著者名
ジャン・パウル/恒吉法海 訳
価格
定価 7,600 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-750-3
仕様
A5判 上製 514頁 C1097
発行年
2002年11月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

『彗星』はジャン・パウルの最後の長編小説である。その喜劇的構成は『ドン・キホーテ』を淵源とし,『詐欺師フェーリクス・クルル』につながるもので,主人公の聖人かと思えばそうでもない,侯爵かと思えばそうでもない,二重の内面の錯誤の劇が描かれる。

目次

主人公ニコラウス・マークグラーフは,母が臨終の際,侯爵の私生児であると告解し,その告解を聞いていた父の薬剤師に侯爵の子息としての教育を受ける。父の算段では後で養育費をせしめるつもりであった。彼は恋をする。皇女のアマンダに路上ですれ違い一目惚れし,後にその蝋人形を盗み,大型箱時計の中に仕舞って時に眺める。父が死に困窮状態に陥るが,幸い人工ダイヤモンドの製造に成功し,潤沢な金を得る。この金を基に風変わりな同行者達を連れて,侯爵の父とアマンダを求めての旅にでる。旅行世話人は幼友達のヴォルブレである。彼は催眠術を心得る諧謔家で,主人公の旅のパスポートは精神病の治療の為という名目で取得する周到さである。 
 
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ