野生の信徒 木下尚江

著者名
清水靖久
価格
定価 5,200 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-720-6
仕様
A5判 並製 398頁 C3021
発行年
2002年2月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

20世紀初頭の日本社会を根本的に批判した「野生の信徒」木下尚江(1869―1937年)。その純白の民主主義,共産主義的な社会主義,信仰の平和主義の思想の構造を解明する。その崩壊後,宗教改革をめざし,非戦論と民権論を最後に唱えようとした思想の軌跡を辿る。

目次

序 章 野生の信徒 木下尚江
 
第一章 野生の基督者
 
  一 神の愛
  二 イエスと人
  三 イエスの革命の宣告
 
第二章 純白の民主主義
 
  一 民主主義と君主政治
  二 社会民主主義
  三 民主主義と普通選挙
  四 自由民主主義
 
第三章 共産主義と社会主義
 
  一 社会的キリスト教
  二 基督教的共産主義
  三 社会批判と社会主義
  四 唯物論的社会主義との相違
  五 キリスト教と社会主義
 
第四章 日露戦争と絶対非戦論
 
  一 信仰の平和主義
  二 主戦論と非戦論
  三 平民社の非戦論
  四 戦争の不義
  五 戦争の利害
 
第五章 人生の革命
 
  一 革命の無縁国
  二 胸中の革命
  三 政治の否定
 
第六章 真の生命を求めて
 
  一 新生活の伝道
  二 自己破壊
  三 身心一如の道
  四 日本の宗教改革
 
第七章 沈黙の事業
 
  一 大和民族の良心的束縛
  二 亡国の予感
  三 悪魔の自覚
 
第八章 宗教改革の宿願
 
  一 神の解放
  二 非戦論と民権論と宗教改革
 
 謝辞
 人名索引

著者紹介

清水靖久(しみず やすひさ)
1954年 広島県三原市に生まれる。
1984年 東京大学大学院法学政治学研究科退学。
現在 九州大学大学院比較社会文化研究院教授。

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ...

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも...

詳細へ

大学生活、大丈夫?

大学生活、大丈夫?

日本の20代の死因第1位は自殺であり、大学生を含めた若者のメンタルヘルス対策は重...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ