野生の信徒 木下尚江

著者名
清水靖久
価格
定価 5,200 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-720-6
仕様
A5判 並製 398頁 C3021
発行年
2002年2月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

20世紀初頭の日本社会を根本的に批判した「野生の信徒」木下尚江(1869―1937年)。その純白の民主主義,共産主義的な社会主義,信仰の平和主義の思想の構造を解明する。その崩壊後,宗教改革をめざし,非戦論と民権論を最後に唱えようとした思想の軌跡を辿る。

目次

序 章 野生の信徒 木下尚江
 
第一章 野生の基督者
 
  一 神の愛
  二 イエスと人
  三 イエスの革命の宣告
 
第二章 純白の民主主義
 
  一 民主主義と君主政治
  二 社会民主主義
  三 民主主義と普通選挙
  四 自由民主主義
 
第三章 共産主義と社会主義
 
  一 社会的キリスト教
  二 基督教的共産主義
  三 社会批判と社会主義
  四 唯物論的社会主義との相違
  五 キリスト教と社会主義
 
第四章 日露戦争と絶対非戦論
 
  一 信仰の平和主義
  二 主戦論と非戦論
  三 平民社の非戦論
  四 戦争の不義
  五 戦争の利害
 
第五章 人生の革命
 
  一 革命の無縁国
  二 胸中の革命
  三 政治の否定
 
第六章 真の生命を求めて
 
  一 新生活の伝道
  二 自己破壊
  三 身心一如の道
  四 日本の宗教改革
 
第七章 沈黙の事業
 
  一 大和民族の良心的束縛
  二 亡国の予感
  三 悪魔の自覚
 
第八章 宗教改革の宿願
 
  一 神の解放
  二 非戦論と民権論と宗教改革
 
 謝辞
 人名索引

著者紹介

清水靖久(しみず やすひさ)
1954年 広島県三原市に生まれる。
1984年 東京大学大学院法学政治学研究科退学。
現在 九州大学大学院比較社会文化研究院教授。

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話:092-833-9150
FAX:092-833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ