山村の保続と森林・林業

著者名
堀 靖人
価格
定価 3,600 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-614-8
仕様
A5判 上製 242頁 C3061
発行年
2000年1月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介

 林業と森林管理を担ってきた主体として林家と森林組合をとりあげ,その存在形態と意義,問題点を実証的に分析する。また戦後の森林・林業政策における担い手策を跡づけるとともに,EU型の林地に対する直接所得支持制度とわが国における中山間地域対策に端を発した新たな担い手対策の分析をもとに,今後の林業,森林管理の担い手策の可能性を検討する。

目次

序 章 研究の目的と方法
第1章 わが国の戦後の林業・林政の展開と林業・森林管理の担い手
第2章 林家による森林管理の現状と課題
第3章 森林組合による森林管理の意義
第4章 ドイツにおける農林家への支援策
第5章 わが国における農林家への支援策をめぐる可能性
     ―1990年代の担い手対策―
終 章 結  言
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

本書は従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(...

詳細へ

福原麟太郎著作目録

福原麟太郎著作目録

この頃では,福原麟太郎(1894-1981)の名を知る人は少なくなった.およそ2...

詳細へ

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉日記 第一巻

太吉円熟期の50歳を迎える年に日記は始まる。炭鉱業の順調な発展とともに、このころ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ