土砂災害の警戒・避難システム

著者名
小川 滋・久保田哲也・平松晋也 編著
価格
定価 7,000 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-900-2
仕様
B5判 並製 330頁 C3051
発行年
2006年2月
ご注文
  • e-hon
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

豪雨による土砂災害に対して,最新の危険度予測と実用的な警戒・避難システムを目的に,研究開発を行った成果。研究者を始め広く地域住民,行政,民間産業などにとって実際に役に立つ有用な内容であり,地域の防災システムづくりに多大な貢献をする。

目次

第1章 土砂災害警戒・避難システムの現状と課題
 1.土砂災害と対策の実情
 2.土砂災害警戒・避難システムの考え方
 3.日本における土砂災害警戒・避難システムの具体例
 4.警戒・避難システムのソフト開発
 5.センサー・通信システム技術の開発
 6.台湾における土砂災害警戒・避難システムの計画について
第2章 気象情報を用いた警戒・避難システム
 1.土砂災害に関する気象情報システム
 2.気象条件による警戒・避難情報
 3.次世代警戒・避難雨量システムの考え方
第3章 土砂災害予測システムと警戒・避難
 1.対象とする誘因と現象
 2.表層崩壊の発生と流動化
 3.表層崩壊の発生予測手法
 4.表層崩壊発生予測手法の現状と問題点
 5.崩壊予測システム
第4章 土砂災害警戒・避難システムの課題と展望
 1.土砂災害は回避可能
 2.「連携案方式」による「土砂災害警戒情報」の運用と課題
 3.災害発生後のコンフリクトの調整と評価
 4.流域圏での「総合土砂災害警戒・避難支援システム」
 5.今後の課題
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

魯迅

魯迅

「芸術的完成さでは魯迅のあらゆる作品中で第一位を占める」(竹内好『魯迅入門』)。...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ