ローマ帝国の食糧供給と政治 共和政から帝政へ

著者名
宮嵜麻子
価格
定価 5,060円(税率10%時の消費税相当額を含む)
ISBN
978-4-7985-0043-0
仕様
A5判 上製 292頁 C3022
発行年
2011年3月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

「パンとサーカス」という言葉に代表されるように古代ローマ帝国においては,皇帝はじめ支配層にとり穀物供給問題は最重要課題の一つであった。本書は食糧供給を分析対象として,ローマ社会が本来的に備えた統治の特質と,帝国形成期におけるその変容過程を解明するものである。共和政政治史の緻密な整理の上で,共和政末期および帝国初期の食糧供給のあり方を明らかにし,帝政期に元首が掌握した穀物供給のための巨大な権力が,既に共和政末期に形成されつつあったことを明らかにする。共和政末期から帝国形成期における統治構造の変容をテーマとした,画期的ローマ共和制政治史研究。

目次

 注記
 
序論
 
第I章 ローマ共和政研究の展開と問題点
 第1節 ローマ共和政の構造と変質に関する諸学説
  (1) 共和政の権力構造に関する定説の形成
   (i) モムゼンの方法と理論
   (ii) ゲルツァーの方法と理論
   (iii) 定説の展開
  (2) 定説批判
   (i) 方法論上の問題
   (ii) ノービリタース概念の有効性
   (iii) 実態に関する批判から歴史把握に関する批判へ
 第2節 ローマ共和政史研究の現状と展望,そして本研究の課題
 
第II章 アウグストゥス期における都市ローマの穀物供給制度
 はじめに
 第1節 アウグストゥスのクーラ・アノーナエ
 第2節 生産,調達,確保
 第3節 輸送,備蓄
 第4節 ローマでの供給  市場と配給  
 第5節 食糧供給長官
 おわりに
 
第III章 ローマ末期共和政の穀物供給政策
 はじめに
 第1節 センプロニウス法以前の穀物供給  共和政の特質  
 第2節 穀物供給機構の形成
 第3節 統治階層と穀物供給政策  末期共和政の政治  
 おわりに
 
第IV章 ポンペイウスのクーラ・アノーナエ
 はじめに
 第1節 前57年の命令権
 第2節 クーラ・アノーナエ委託の経緯
 第3節 キケロー,クロディウス,ポンペイウスそして元老院
 おわりに
 
第V章 ローマ共和政末期の「異例の命令権」
        ガビニウス法(前67年)の検討  
 はじめに
 第1節 Imperium extra ordinem
 第2節 ガビニウス,ポンペイウス,元老院
 第3節 ガビニウス法の背景
  (1) 前75年以降の海賊問題
  (2) 前70年代以降の穀物供給  前2世紀後半以降の経緯を前提に  
 おわりに
 
第VI章 ローマ共和政中期の政務職関連諸法
 はじめに
 第1節 前2世紀前半の政務職関連諸法  ウィッリウス法を軸に  
 第2節 アエリウス=フフィウス法をめぐる学説史
 第3節 前157年および前156年:マルキウス・フィグルスとスキーピオ・ナーシカー
 第4節 前153年:クラウディウス・マルケッルス
 第5節 前148年:スキーピオ=アエミリアーヌス
 おわりに
 
第VII章 スキーピオ=アエミリアーヌスのモーレース・マーイオールム
 はじめに
 第1節 プーブリウス・コルネリウス・スキーピオ=アエミリアーヌス
 第2節 スキーピオのケーンソル職
 第3節 前2世紀中葉の危機
 第4節 Satis bonae et magnae
 おわりに
 
結論
 
 主要参考文献
 あとがき
 索引

著者紹介

宮嵜麻子(みやざき あさこ)
1962年 佐賀県生まれ。
1985年 九州大学文学部史学科卒業。
1992年 九州大学大学院文学研究科後期博士課程中退。
      同大学文学部助手などを経て,
現  在 淑徳大学国際コミュニケーション学部准教授。

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話:092-833-9150
FAX:092-833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ