トルコ共和国 国民の創成とその変容アタテュルクとエルドアンのはざまで

著者名
小笠原弘幸 編
価格
定価 4,800 円 (税別)
ISBN
978-4-7985-0257-1
仕様
A5判 上製 324頁 C3022
発行年
2019年3月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

第一次世界大戦の敗北によって多民族・多宗教国家であるオスマン帝国が崩壊したのち、建国の父アタテュルク(1880/1~1938年)を指導者とする独立運動を経て、1923年にトルコ共和国は誕生した。トルコ民族主義と世俗主義を国是として出発したこの国は、まもなく建国100周年を迎えようとしている。国父アタテュルクによって、新しく生まれたこの国の「かたち」は、いかに形作られたのか。そして、親イスラム政策をとる現大統領エルドアンによって、それはどのように変わろうとしているのか。

本書は、国民史や言語改革を通じた国民の創成プロセス、上からの国民形成に対するトルコの民衆の抵抗やネゴシエーション、国民国家を形作る国境の成り立ちとその揺らぎなどに焦点を当て、トルコ共和国が歩んできた一世紀を実証的に描き出す試みである。歴史的背景から最新のトルコ情勢まで視野に入れた、気鋭の若手研究者による論集。

目次

 はしがき
 トルコ共和国地図
 凡 例
 
序 章  「アタテュルクのトルコ」を問い直す
       共和国史をめぐる研究潮流と本書の射程
 
 第一節 アタテュルクの戦いとエルドアンの挑戦
 第二節 アタテュルク時代への二つの視角
 第三節 トルコ共和国の国民形成を脱構築す  本書の射程と三つの視角
 
  第一部 アタテュルクの描いたトルコ国民像とその創成
 
第一章 国民史の創成
  トルコ史テーゼとその後
 
 はじめに
 第一節 トルコ史テーゼの興隆  「歴史におけるクーデタ」
 第二節 トルコ史テーゼの展開
 第三節 テーゼの衰退と新しい歴史認識の潮流  アタテュルク死後から現在まで
 おわりに
 
第二章 国民創出イベントとしての文字革命
 
 はじめに
 第一節 文字革命への歴史的展開と新字普及のプロセス
 第二節 文字革命の実態
 第三節 成功言説の醸成と不可逆性の担保
 おわりに
 
第三章 感性を「統合」する
       国民音楽からトルコ民俗音楽へ
 
 はじめに
 第一節 トルコ国民音楽とトルコ民俗音楽  「価値転換」への道のり
 第二節 民俗音楽が経験した「衝撃」  民俗音学をめぐる「制度」と五線譜化
 第三節 民俗音楽をめぐる実践
 おわりに
 
第四章 国父のページェント
       ムスタファ・ケマルと共和国初期アンカラの儀礼空間
 
 はじめに
 第一節 帝国末期
 第二節 ムスタファ・ケマルのアンカラ入市
 第三節 「駅通り」と独立戦争時のパレード
 第四節 アンカラの都市計画
 第五節 共和国建国一〇周年式典
 第六節 ムスタファ・ケマルの葬列
 おわりに
 
  第二部 トルコ国民像をめぐるネゴシエーション
 
第五章 アタテュルク後の宗教教育政策
  ライクリキの転換点
 
 はじめに
 第一節 非宗教的な道徳教育の試み
 第二節 私教育における宗教教育の構想
 第三節 公教育における宗教教育の再開
 おわりに
 
第六章 国民国家トルコとアナトリアの諸文明
       イスラム化以前の遺跡をめぐる文化政策
 
 はじめに
 第一節 トルコ共和国の成立とイスラム化以前の文化遺産
 第二節 国民国家の時間・空間枠組みと文化遺産
 おわりに
 
第七章 トルコにおける抵抗文化
       ハンスト・キャンペーンからみる国家・社会関係
 
 はじめに
 第一節 たたかいの政治とハンスト
 第二節 一九八〇年代と九〇年代におけるトルコのハンスト
 第三節 二〇〇〇年代以降における二つの集団ハンスト
 おわりに
 
  第三部 交雑する空間のなかのトルコ国民  国境、移民・難民、隣国からの眼差し
 
第八章 トルコ共和国の境界  領域紛争と国境
 
 はじめに
 第一節 トルコ共和国の領域の形成:セーヴルからローザンヌへ
 第二節 戦間期トルコ共和国の領土紛争
 第三節 第二次大戦後トルコの領域紛争
 おわりに
 
第九章 トルコの移民・難民政策
 
 はじめに
 第一節 移民送り出し国としてのトルコ
 第二節 移民のトランジット国家としてのトルコ
 第三節 移民受け入れ国としてのトルコ
 第四節 シリア難民流入のインパクト
 おわりに
 
第一〇章 イラクからみるトルコ  世論調査の計量分析から
 
 はじめに
 第一節 錯綜する両国関係とリサーチデザイン
 第二節 イラク人のトルコ観  世論調査の記述統計から
 第三節 トルコ観はどのような要因で作られたのか  計量分析から
 おわりに
 
終 章 激動の五年間(二〇一三〜一八年)と大統領制の始まり
 
 第一節 権力基盤を固める公正発展党
 第二節 強まるエルドアンのリーダーシップ
 
 索 引
 執筆者紹介

著者紹介

編 者
 
小笠原弘幸
(おがさわら ひろゆき) 序章、第一章
九州大学大学院人文科学研究院 准教授
主要業績:
『イスラーム世界における王朝起源論の生成と変容  古典期オスマン帝国の系譜伝承をめぐって』刀水書房、2014年。
『オスマン帝国史  繁栄と衰亡の六〇〇年史』中央公論新社、2018年。
 “Enter the Mongols: A Study of the Ottoman Historiography in the 15th and 16th Centuries,” Osmanlı Araştırmaları, 51, 2018, pp. 1-28.
 
執筆者
 
穐山祐子
(あきやま ゆうこ) 第二章
一橋大学大学院言語社会研究科 特別研究員
主要業績:
「 「国民」 の測りかた  トルコ共和国における近代人口センサス導入をめぐって」『言語社会』7号、2012年、178-192頁。
「 「トルコ文字」 導入課程にみる文字表象の政治性」『言語社会』9号、2014年、178-192頁。
 
今井宏平(いまい こうへい) 第九章、終章
日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所 研究員
主要業績:
『中東秩序をめぐる現代トルコ外交  平和と安定の模索』ミネルヴァ書房、2015年。
『トルコ現代史  オスマン帝国崩壊からエルドアンの時代まで』中央公論新社、2017年。
『国際政治理論の射程と限界  分析ツールの理解に向けて』中央大学出版部、2017年。
The Possibility and Limit of Liberal Middle Power Policies: Turkish Foreign Policy toward the Middle East during the AKP Period (2005?2011), Lanham: ROWMAN & LITTLEFIELD, 2017.
 
上野愛実(うえの まなみ) 第五章
大阪市立大学都市文化研究センター 研究員
主要業績:
「トルコ共和国におけるナクシュバンディー教団エレンキョイ・グループとその機関誌『金の樋』」『オリエント』58 (1)、2015年、57-69頁 。
「1970年代のトルコにおける道徳教育  宗教性の観点から」『東洋学報』99 (2)、2017年、27-51頁。
 “Sufism and Sufi Orders in Compulsory Religious Education in Turkey,” Turkish Studies, 19 (3), 2018, pp. 381-399.
 
沖祐太郎(おき ゆうたろう) 第八章
九州大学法学研究院 専任講師
主要業績:
「エジプトにおける国際法受容の一側面  フランス語版『戦争法』(カイロ、1872年)のテキスト分析を中心に」『法政研究』第83巻3号、2016年、505-534頁。
「カリフ制国家と国際法」『Nomos』2016年増刊号、2016年、29-38頁。
「世界史のなかにおける法のあり方  イスラーム法から」柳原正治編『法学入門』放送大学出版会、2018年、23-35頁。
 
柿﨑正樹(かきざき まさき) 第七章
テンプル大学ジャパンキャンパス政治学科 上級准教授
主要業績:
 “Anti-Iraq War Protests in Turkey: Global Networks, Coalitions, and Context,” Middle Eastern Studies, 47 (1), 2011, pp. 81-99.
 “Determinants of Political Confidence in a Time of Political Realignment: Religion, Economy, and Politics in Turkey,” Mediterranean Quarterly, 23 (1), 2012, pp. 67-88.
 “The Republican People’s Party and the Military in 1970s Turkey,” International Journal of Turkish Studies, 19 (1/2), 2013, pp. 57-73.
「エルドアン大統領の歴史認識  ケマリズム史観への挑戦」『中東研究』第530号、2017年、8-21頁。
 
川本智史(かわもと さとし) 第四章
金沢星稜大学教養教育部 専任講師
主要業績:
『イスラム建築がおもしろい!』彰国社、2009年(深見奈緒子編著、共著)。
「エディルネ旧宮殿の成立と空間構成」日本建築学会計画系論文集、2012年、2011-2217頁(2014年日本建築学会奨励賞)。
『オスマン朝宮殿の建築史』東京大学出版会、2016年。
 
田中英資(たなか えいすけ) 第六章
福岡女学院大学人文学部現代文化学科 准教授
主要業績:
 “Heritage Destruction in Context: the Case of the Roman Mosaics from Zeugma, Turkey,” International Journal of Heritage Studies, 21 (4), 2015, pp. 336-353.
『文化遺産はだれのものか  トルコ・アナトリア諸文明の遺物をめぐる所有と保護』春風社、2017年。
 “Archaeology Has Transformed “Stones” into “Heritage”: the Production of a Heritage Site through Interactions among Archaeology, Tourism, and Local Communities in Turkey,” História: Questões & Debates, 66 (1), 2018, pp. 71-94.
 
濱崎友絵(はまざき ともえ) 第三章
信州大学人文学部 准教授
主要業績:
「生活の中の音楽  人々の歌、トルコ民謡」大村幸弘、永田雄三、内藤正典編『トルコを知るための53章』明石書店、2012年、222-226頁。
『トルコにおける「国民音楽」の成立』早稲田大学出版部(モノグラフ83)、2013年。
「トルコにおける『アラベスク』の誕生と展開」『信州大学人文科学論集』2号、2015年、9?29頁。
 
山尾 大(やまお だい) 第一〇章
九州大学大学院比較社会文化研究院 准教授
主要業績:
『現代イラクのイスラーム主義運動』有斐閣、2011年。
『紛争と国家建設』明石書店、2013年。
『 「イスラーム国」 の脅威とイラク』岩波書店、2014年(吉岡明子と共編)。

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ