Aspects of the Origin of Being Modern

著者名
川井万里子
価格
定価 5,280円(税率10%時の消費税相当額を含む)
ISBN
978-4-7985-0363-9
仕様
菊判 並製 214頁 C3098
発行年
2023年8月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

本書は、はシェイクスピア作『リア王』とトマス・ミドルトン作『復讐者の悲劇』を、それぞれの作品が成立したジャコビアン朝の社会的、政治的、経済的、文化的、精神的背景を踏まえて「近代の起源」という観点から論じたものである。

『リア王』を扱った第Ⅰ部では、公益より私益を追求する商業主義・個人主義を追求する近代ブルジョワ精神の方が劇の展開に沿って丁寧に論じられており、『復讐者の悲劇』を扱った第Ⅱ部ではイタリアに誕生したマニエリスムの影響を受けたジャコビアン朝の宮廷上演に言及しながら、登場人物の内面を表象する演劇的趣向が多くのマニエリスム絵画の図版を援用し論じられている。それはルネサンスの古典的理知主義から逸脱し、疎外された近代の個の萌芽を表現するもので、『復讐者の悲劇』における反理知主義の傾向は突き詰めればベケットやピンタオ等の20世紀の不条理演劇に通じると論じられる。

第Ⅰ部、第Ⅱ部いずれも、過去の批評理論やマニエリスム絵画史の成果を吸収し、新歴史主義や文化唯物論の刺激的な論考を自家薬籠中の物として書かれた渾身の作品論として、世界に日本の英文学研究の到達点を知らしめる力作である。『リア王』も『復讐者の悲劇』も共に中世から近代初期を経て現代へと向かう過渡期の世相を映写した時代の産物として分析され、二つの劇作品が提示する諸問題  共同体の崩壊、近代的個人主義、分断と格差の中で孤立し無縁の個人の孤独、自己疎外(世界に違和して外界の圧力に屈しつつ、内なる自己矛盾の苦衷に二重に身を捩るミケランジェロの「勝利像」を本書のテーマの象徴として表紙絵とした)  は近代の行き詰まりを生きる我々自身が日々直面している今日的課題である。

目次

Introduction
 
Part Ⅰ King Lear and the Age of Shakespeare
 Prologue
 Chapter 1 Lear’s “darker purpose”
 Chapter 2 Resistance of Cordelia
 Chapter 3 Edmund, Goneril, Regan
 Chapter 4 Lear as a Ward of his Daughters
 Chapter 5 Lear’s One Hundred Knights
 Chapter 6 The “good pity” of Lear, Gloucester and Edgar
 Epilogue
 
Part Ⅱ Thomas Middleton, The Revengers Tragedie and Mannerism
 Prologue
 Chapter 1 The Light in the Darkness of Night  Expression of the Inner World
 Chapter 2 The Discrepancy between Man and his Environment
 Chapter 3 Realistic Details in the Imaginary Framework
 Chapter 4 Distorted Figures and the Disparity between Mind and Body
 Chapter 5 Invalid Human Relationships
 Chapter 6 Spurio the Bastard  the Figura Serpentinata
 Chapter 7 Vindice  Mental Fragmentation
 Epilogue
 
Conclusion
 
Acknowledgements
Bibliography
Index

著者紹介

川井万里子(かわい まりこ)
 
東京女子大学卒業、東京都立大学大学院修士課程修了、東京経済大学名誉教授。
 
単著:『「空間」のエリザベス朝演劇  劇作家たちの初期近代』(九州大学出版会、2013)
 
共著:『英米文学の女性』(南雲堂、1979)
   『エリザベス朝演劇』(英宝社、1991)
 
単訳:ジョージ・チャップマン『みんな愚か者』(成美堂、1993)
   作者不詳『フェヴァシャムのアーデン』(成美堂、2004)
 
共訳:サー・フィリップ・シドニー『アーケイディア』(九州大学出版会、1999)
   カール・J・ヘルトゲン『英国におけるエンブレムの伝統  ルネサンスの視覚文化の一面』
    (慶応義塾大学出版会、2005)
   キャサリン・ダンカン=ジョーンズ『廷臣詩人サー・フィリップ・シドニー』(九州大学出版会、2010)

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒819-0385
福岡県福岡市西区元岡744
九州大学パブリック4号館302号室
電話:092-836-8256
FAX:092-836-8236
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ