住血吸虫症と宮入慶之助 ミヤイリガイ発見から90年

著者名
宮入慶之助記念誌編纂委員会 編
価格
定価 6,050円(税率10%時の消費税相当額を含む)
ISBN
978-4-87378-887-6
仕様
B5判 上製 292頁 C3047
発行年
2005年12月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

2003年は宮入慶之助が住血吸虫症の感染経路を解明して90年目に当たる。 本書は第一部で住血吸虫症研究にかかわった日本人学者20数名が研究史,宮入の業績,感染病理,ミヤイリガイ,日本における根絶,世界の感染現状,根絶の新技術などを分担執筆した。 第二部は宮入慶之助に焦点を当てた編年記,回想,エピソード,写真集である。かつてノーベル賞候補に推薦された宮入のインパクトと人物とをまとめて概観できる。

目次

            第一部
日本における住血吸虫研究の流れ …………………… 石井 明
宮入慶之助と中間宿主カイ発見 ……………………… 田中 寛
片山記から片山病の防圧まで ………………………… 辻 守康
山梨県の住血吸虫の防圧 ……………………………… 薬袋 勝
筑後川の住血吸虫防圧 ………………………………… 塘  普
日本住血吸虫症の病理形態学 …………… 中島敏郎・平田瑞城
住血吸虫に対する生体の防御機構 …………………… 大橋 眞
住血吸虫症ワクチン …………………………………… 小島莊明
住血吸虫感染と体質 …………………………………… 平山謙二
ケニアにおける住血吸虫症と防圧 …………………… 青木克己
住血吸虫症と感染行動 ……… 安高雄治・金田英子・木須友子
                   門司和彦・嶋田雅曉
中国における住血吸虫症 ……………………………… 太田伸生
メコン住血吸虫症 ………………………… 松田 肇・桐木雅史
フィリピンの日本住血吸虫症・脳症型,肝脾腫型の
 臨床と同症に対する挑戦 …………………………… 林 正高
ミヤイリガイの生物学 ………………………………… 岩永 襄
中間宿主ミヤイリガイの殺貝による
 日本住血吸虫症の制圧 ………………… 梶原徳昭・保阪幸男
GPSで住血吸虫症流行を追う…………………………… 二瓶直子
            第二部
九州大学における宮入慶之助 ………………………… 多田 功
住血吸虫研究史における人間ドラマ ………………… 小林照幸
慶之助とホタルと左京 ………………………………… 清永 孝
人間・宮入慶之助 …………………………………… 宮入源太郎
宮入慶之助記念館の開館 ……………………………… 宮入建三
関連資料:宮入慶之助の著作/宮入慶之助年表
     宮入慶之助の書簡など/宮入慶之助に関する遺構
     宮入慶之助のアルバム

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒819-0385
福岡県福岡市西区元岡744
九州大学パブリック4号館302号室
電話:092-836-8256
FAX:092-836-8236
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ