バイカルチュラリズムの研究異文化適応の比較民族誌

著者名
江淵一公
価格
定価 9,500 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-739-8
仕様
A5判 上製 580頁 C3036
発行年
2002年7月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

国境を越える人の移動が地球規模で展開する今日,異なる言語・文化のはざまで暮らす人々が増えている。その生活世界の構造とはどのようなものか。本書は子どもたちに焦点を合わせて,文化人類学の視点からその構造の理論的,実証的解明を試み,異文化間教育学の可能性を探る。

目次

第1章 バイカルチュラリズムと異文化間教育の研究
     バイカルチュラリズムとは何か/異文化間教育研究の展開/
     異文化間教育と国際教育
第2章 異文化間教育の構造類型――仮説的考察――  
     文化化マトリックス/異文化間教育の基本形態と構造/文化
     的不連続と文化化の二元的構造/二元的文化化における"力
     関係"の構造
第3章 異文化適応のメカニズム――バイカルチュラル・モデルの検討――  
 
    文化変容論の展開/エスニシティ同化論の展開/心理学・コ
     ミュニケーション論における異文化適応研究/異文化適応に
     関する類型論と段階論/異文化適応類型とバイカルチュラリ
     ズム/アメリカ社会の統合理論の変遷とニュー・エスニシティ
第4章 文化的適応とエスニシティの政治的組織化
 
    ――ポーランド系アメリカ人のバイカルチュラリズムの構造――  
     アメリカのポーランド人/ポーランド系アメリカ人の社会/
     ポーランド系アメリカ人のエスニシティの特質と文化化の構
     造/民族文化活性化運動の展開とその意味/文化的多元主義
     とバイカルチュラリズム
第5章 バイカルチュラリズムの構造とエスニック・アイデンティティ
     ――日系アメリカ人のエスニシティの変容過程――  
   
  日系アメリカ人の移民史と文化的適応/戦中・戦後期の日系
     人の同化過程/日系人のエスニック・アイデンティティの世
     代的変化/戦後の日系人コミュニティの構造と三世の動向/
     三世のアメリカ化とエスニック・アイデンティティ/エスニ
     ック・アイデンティティの社会的文化的基盤
第6章 同化主義と異化主義の相克
     ――アフリカ系アメリカ人(黒人)のエスニシティと教育――  
    
 黒人文化は神話か現実か?/人種別分離の諸相/アメリカの
     黒人の教育と同化主義の矛盾/「文化的剥奪」と黒人の低学
     力問題をめぐる論争/文化的多元主義と多文化教育の展開/
     異文化間教育としての多文化教育
第7章 バイカルチュラリズムの制度化
     ――ウクライナ系カナダ人の文化的適応と教育――  
   
  ウクライナ系カナダ人の移民史的背景とエスニック・コミュ
     ニティ/ウクライナ系カナダ人の文化化の構造/ウクライナ
     系カナダ人のアイデンティティ・シンボルの諸相/ウクライ
     ナ語バイリンガル教育計画の発展とその意味/多文化主義と
     ウクライナ系カナダ人文化の創造
第8章 異文化の中のモノカルチュラリズム
     ――東南アジアの在留邦人の適応と教育――  
    
 コロニー型異文化適応/東南アジア在留日本人の現地文化へ
     の適応/在留邦人児童生徒の適応と教育/「コロニー型」適
     応の矛盾
第9章 自文化復帰と異文化剥がしのメカニズム
 
    ――「帰国子女」の適応と教育の課題――  
    
 「社会問題」としての「帰国子女問題」/帰国生の「適応」
     メカニズム/「帰国子女」の適応と内面的葛藤/新しいタイ
     プの日本人と「メタ・カルチュア」の世界
第10章 結 語
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ