宗教と社会と文化 2メキシコ・カトリック村落の研究

著者名
野村暢清
価格
定価 12,000 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-793-0
仕様
B5判 上製 498頁 C3014
発行年
2003年9月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

本書は,西欧文化の中核を構成するカトリシズム,カトリック文化の構造と機能と分有の姿を,その日常生活の姿の中で明らかにしていこうとするものである。メキシコのカトリック村落,トラホムルコでの現地調査や実験的研究によって観察・分析していく。カトリシズム,カトリック文化という宗教現象の姿を,その根底からの全体的な姿で文化全体の中で取り扱い,トラホムルコの空間構造,時間構造,社会構造を分析し,その人格構造及びメンタリティをも明らかにしていく。

目次

第1章 研究方法について
 具体的方法について/日本のキリスト者,非キリスト者,一般人,
 神道者の写真3への反応/写真6への各人格群の反応/メキシコ・
 トラホムルコの人々の反応
第2章 時間構造について
 トラホムルコの人々の空間と時間/トラホムルコの時間構造と言語
 構造/トラホムルコのキリスト者の時間/カトリック村落,トラホ
 ムルコのメンタリティの構造:写真第1群への反応の不変化性と変
 化性
第3章 トラホムルコのカトリシズムの社会構造
 トラホムルコの諸社会集団/コンパドラスゴ/エル・サルバドルの
 ナワ系の人々のコンパドラスゴ/Mixtecoにおけるコンパドラスゴ/
 ウィツィランのナワ語を話す人々のコンパドラスゴ/ベレンでのコ
 ンパドラスゴ/コフラディアとエヒダタリオスと再教育/トラホム
 ルコのコンパドラスゴ/マチスモ
第4章 宗教的人格構造の分析
 宗教的人格構造の研究分析:5名の実例について/マルケス/テレ
 サ・ロブレス/エロイサ・デ・リバス/カルメン・ドン/ルス・マ
 リア・カブレラ/カトリック的人格構造
第5章 祭りについて
 トゥクスパン(Tuxpan)について/トラホムルコの神父の見たトラ
 ホムルコの祭り/カブレラ・チャベス(チキータ)によるトラホム
 ルコの祭り/祭りの詳細(1),(2),(3)/メキシコ・カトリック村落
 の2つの祭りについて
第6章 カトリシズムの宗教的底辺に関する研究
 宗教と社会と文化/トラホムルコの分有と夫と妻/宗教現象と生き
 がい
第7章 カトリック的メンタリティ
 トラホムルコのメンタリティの基盤/自由連想/奇蹟の人について
第8章 マリア崇拝をめぐって
 マリアの生涯の歴史/日欧文化の接触とキリシタン
第9章 キリスト教と南方文化
 頭人,当屋とノロ,根神,母系文化/母系文化と父系文化/出雲中
 国山地のシヤマニズム文化複合とトランス
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ...

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも...

詳細へ

大学生活、大丈夫?

大学生活、大丈夫?

日本の20代の死因第1位は自殺であり、大学生を含めた若者のメンタルヘルス対策は重...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ