農村の結婚と結婚難女性の結婚観・農業観の社会学的研究

著者名
内藤考至
価格
定価 5,200 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-843-2
仕様
A5判 上製 296頁 C3036
発行年
2004年11月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

農村の結婚には結婚難と結婚の相反する二つの側面がある。それを女性の観点から探った。結婚難の原因は近代化,つまり経済的には産業化と,地域的には都市化の急激な進展であった。他方,結婚難の大勢の中で,「誰がなぜ」,結婚するのだろうか。産業化・都市化において農業・農村を受容するに至る転回のプロセス,および付き合いから結婚に至るプロセスを探った。農村の結婚には,人間とシステムの,モダンとポスト・モダンのジレンマが集約的に表現されている。

目次

第1章 結婚・婚姻の研究
  有賀の理論/鈴木の理論/喜多野・戸田の理論/戦後の結婚研
  究/アメリカの結婚研究
第2章 結婚難に関する農家女性の意識構造
 
 結婚難の事実/パーソナリティ・価値観・社会的要因/農業と
  結婚アスピレーション/農家との結婚の敬遠理由/農業観/農
  村観/生活スタイル/農家・農村満足度/満足度に関連する要
  因/結婚の事実
第3章 学生の農業・農村観と結婚意識
  学生の農業・農村観/学生の結婚・結婚難の意識
第4章 女性の結婚と農業・農村
  結婚のプロセスと結婚生活/結婚と農業・農村の受容プロセス
付録1 結婚難に関する農家女性の意識構造の調査票
付録2 学生の農業・農村観と結婚意識の調査票
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ...

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも...

詳細へ

大学生活、大丈夫?

大学生活、大丈夫?

日本の20代の死因第1位は自殺であり、大学生を含めた若者のメンタルヘルス対策は重...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ