認知考古学の理論と実践的研究 縄文から弥生への社会・文化変容のプロセス

著者名
松本直子
価格
〔品 切〕
ISBN
978-4-87378-617-9
仕様
B5判 上製 264頁 C3020
発行年
2000年2月
その他
第9回雄山閣考古学賞特別賞受賞
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

内容紹介

認知考古学はプロセス考古学とポストプロセス考古学の対立を超える21世紀の新パラダイムとなる可能性をもつ。本書は,伝播論や形式学などの考古学における普遍的かつ基本的問題に関わる理論的枠組みを認知的視点から再構築することをめざす著者が,認知考古学とは何かを日本考古学の資料を用いて世に問う本格的理論と実践の著である。

目次

   第1部 認知考古学の理論と方法
第1章 考古学において心はどのように扱われてきたか
第2章 認知諸科学における近年の発展
第3章 認知考古学の理論と方法
   第2部 縄文から弥生へ――ケーススタディ――
第4章 現在までの研究の問題点
第5章 属性による空間的変異の位相差とコミュニケーション
――後期後葉―晩期前半
第6章 「縄文」と「弥生」のカテゴリーに関わる人工物の動態
――後期後葉―晩期後半
第7章 住居跡と埋葬遺構の分析
――後期後葉―弥生時代開始期
第8章 土器製作スキーマと文化動態
第9章 結  論

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒819-0385
福岡県福岡市西区元岡744
九州大学パブリック4号館302号室
電話:092-836-8256
FAX:092-836-8236
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ