言語学からの眺望2003 福岡言語学会30周年記念論文集

著者名
福岡言語学会 編
価格
〔品 切〕
ISBN
978-4-87378-806-7
仕様
B5判 並製 344頁 C3080
発行年
2003年11月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

内容紹介

総合的な言語研究を目指して,統語論,意味論・語用論,音韻論,形態論などの分野に関して,生成文法理論,認知言語学,日英対照研究など先端的かつ広範な分析法を含む24編の論文集。『言語学からの眺望』の続編として,福岡言語学研究会から発展した福岡言語学会による創立30周年記念論文集。

 

目次

まえがき
福岡言語学研究会発足(1973年)の頃 …………………………………… 河上誓作

統語論
The Japanese Unaccusative Construction ………………………… Masuyo Ito
補文標識と問返し疑問文 ………………………………………………… 稲田俊明
二重目的語構文の構造 分散形態論の枠組みを用いて  ……………… 大庭幸男
Multiple Coordination and Adjacency………………………… Yoshihiro Kubo
アイダとアイダニ ………………………………………………………… 佐藤直人
Wh-(…)MO 構文の認可条件について…………………………………… 西岡宣明
疑似空所化について 重名詞句移動の適用をめぐって  ……………… 西原俊明
動詞句削除と削除の条件 ……………………… 廣江 顕・水本 豪・團迫雅彦
Light Noun Phrase について …………………………………………… 福田 稔
標準英語の非顕在的 wh 素性照合 ……………………………………… 宗正佳啓
Verb Movement in some European Languages………………… Madoka Murakami
Anaphoric One as a Lexical Noun ………………………………… Fumio Mohri

意味論・語用論
A Unified Account of the English
 Discourse Connective After All……………………………… Takahiro Otsu
認識的法助動詞 Can の特性について…………………………………… 小野浩司
談話における分裂文と疑似分裂文の総記的含意 ……………………… 加藤雅啓
非指示的名詞句を主語とする措定文について ………………………… 熊本千明
On Japanese Adversative Passivization Revisited……… Masatoshi Tabuki
与格の意味地図 脱主体化と主体化を座標軸として  ………………… 中村芳久
Directionality of Extension Transitive /
 Intransitive Constructions ………………………………… Haruhiko Murao

音韻論
Effect of Consonantal Context and Acoustic
 Characteristics on English Vowel Discrimination
 by Japanese Listeners:/I/and/ε/in/CVk/Syllables ………… Akiyo Joto
最適性理論と日本語の高母音無声化によるアクセントの移動 ……… 田中 章
The Problem of Lexical Treatment in Optimality Theory …… Eiji Yamada

形態論
短縮複合語と混成語の違いについて …………………………………… 高橋勝忠
Japanese Unaccusatives in the Adversative Passive:
 A Morphological Restriction and Its Significance ………… Mark Volpe

 

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒819-0385
福岡県福岡市西区元岡744
九州大学パブリック4号館302号室
電話:092-836-8256
FAX:092-836-8236
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ