お年寄り 比較文化からみた日本の老人

著者名
E.パルモア,前田大作 著/片多 順 訳
価格
定価 2,000 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-199-0
仕様
四六判 並製 240頁 C1036
発行年
1988年7月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

人はだれでも長生きすれば老人になるが,文化が異なれば同じようには年をとらない。本書は日米を代表する老年学者によって書かれた高齢者に関する比較文化の書であり,まさに「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の”老人版”ともいうべき啓蒙の書である。
 

目次

序文
 
第一章 序論
 
  老人天国か、はたまた?/近代化と老人/離脱と老人/
  提言/基礎データの把握/方法論/要約
 
第二章 日本社会の伝統と近代
 
  現代日本/社会心理的特質/敬老精神/要約
 
第三章 健康と医療

 
  他の文化との比較/健康にかかわる諸要因/医療/
  全体的傾向/要約
 
第四章 家族と住まいかた
 
  同居世帯/同居世帯における老人の役割/別居世帯/
  施設入居/全体的傾向/要約
 
 第五章 仕事と退職
 
  産業化と就労/雇用労働者たち/例証として/退職/
  全体的傾向/国際的相関関係/政府の政策/要約
 
第六章 収入と扶養
 
  収入の様態/相続と子供による扶養/望ましい収入/
  年金/全体的傾向/要約
 
第七章 敬老
 
  家族の中の敬老/敬老の公的社会的側面/老いの自尊心/
  「姥捨」対「敬老」/今後の傾向/要約
 
第八章 活動と満足度
 
  さまざまな活動/満足の度合い/全体的傾向/
  「活動」対「離脱」/要約
 
第九章 結びと提言

 
  老人の地位を文化が保持/活動理論/アメリカへの提言/
  日本への提言/本書の理念
 
 注
 参考文献
 解説とあとがき

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話:092-833-9150
FAX:092-833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ