福岡平野の古環境と遺跡立地環境としての遺跡との共存のために

著者名
小林 茂・磯 望・佐伯弘次・高倉洋彰 編
価格
〔品 切〕
ISBN
978-4-87378-544-8
仕様
B5判 上製 306頁 C3021
発行年
1998年4月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介

地質学,地形学,考古学,文献史学,歴史地理学の専門家の共同作業により,福岡平野の古環境の変遷と,そこで展開された人間活動の歴史を多面的に示すとともに,重要遺跡の多い福岡平野の遺跡の発掘・保存へ向け有用なデータを提供する。

目次

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

本書は従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(...

詳細へ

福原麟太郎著作目録

福原麟太郎著作目録

この頃では,福原麟太郎(1894-1981)の名を知る人は少なくなった.およそ2...

詳細へ

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉(1857(安政4)年~1933(昭和8)年)は筑豊で家業である農業に次...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ