総記・一般

いま,世界は

いま,世界は

原田康平 編
定価 2,200 円 (税別)
 いま世界の舵はどこへ向き,どちらへ行こうとしているのか。本書は,経済編と社会・文化編の二部から構成され,経済編はさらに国際編と国内編から成っている。経済問題と人のあり方を考える一助となろう。
 
書籍の詳細へ
The Wisdom of Hagakure

The Wisdom of Hagakure

S.B.デイ・井口 潔
定価 3,398 円 (税別)
 本書は,著名な外科教授である著者の一人から偶々"葉隠"を紹介されたアメリカの医学哲学者のステイシー・デイ教授が,この武士道精神に深く感銘を受け,21世紀に生きる道として記した,葉隠の本格的コメンタリーである。
 
書籍の詳細へ
HAGAKURE―Spirit of Bushido―  

HAGAKURE―Spirit of Bushido―  

葉隠研究会 編
定価 4,854 円 (税別)
 "葉隠"という言葉を知っていても,少しでもその内容を知る人は少ない。本書は,はじめての葉隠国際シンポジウムの記録を編纂したものであり,知性偏重,合理・功利主義の世相の中での人間のあり方を示している。
 
書籍の詳細へ
現代の生命像

現代の生命像

長崎大学生命問題研究会 編
〔品 切〕
 人間における生と死の問題。この古くて新しい人間存在の最も根源的な問題を,医学,生理学,文学,哲学,法学など様々な専攻分野から総合的に考察する。高齢化社会を迎え,尊厳死,臓器移植,エイズといった難題に直面している現代人に「生と死」の問題を改めて問い直す。
 
書籍の詳細へ
音の魅力にひかれ

音の魅力にひかれ

城野節子
〔品 切〕
 九州大学最初の女性教授として知られるフランス文学者の著者が,教育と研究の合間に書き綴った断章――子供時代を過ごした中国の思い出,フランス留学の体験,昨今の学生気質の比較など――は,比較文化の視点とエスプリのきいた表現でたのしい。
 
書籍の詳細へ
九州大学七十五年史 別巻

九州大学七十五年史 別巻

九州大学七十五年史編集委員会 編
〔品 切〕
 明治36年の京都帝国大学福岡医科大学の創立から昭和61年の創立75周年に至る,九州大学の学部・学科・講座等の変遷,主要人事,関係法令,学内規則等の一覧をはじめ,教職員数,学生生徒数,学位授与数,蔵書数,経費等の統計および年表を収録する。
 
書籍の詳細へ
九州大学七十五年史 通史

九州大学七十五年史 通史

九州大学七十五年史編集委員会 編
〔品 切〕
 九州大学の沿源である福岡藩の医学校賛生館の成立から,昭和61年の創立75周年までの九州大学の歴史を記すが,とくに昭和42年に刊行された『九州大学五十年史』のあとを受けて,高度経済成長期における九州大学の拡充,大学紛争,紛争後の大学改革を中心に詳しく述べる。
 
書籍の詳細へ
低徊派

低徊派

前田重治
定価 2,427 円 (税別)
 精神分析医が臨床と研究の合間にかいまみせた素顔  気楽に語られる日々の詩情,旅の想い,催眠術や遊びの世界,そして自らの生い立ちや老いの自覚,都会の片隅での心豊かな隠居術。
 
書籍の詳細へ
心の行脚

心の行脚

井口 潔
〔品 切〕
 絢爛たる装いの物質文明は,それを発した文化を忘れ独り歩きを始めてしまった。プラグマティズムを以てよしとする価値観は,人間本来の姿を誤らそうとしている。かつての外科学教授はいま人間科学への道を行脚して感性を説く。
 
書籍の詳細へ
生活と科学 III

生活と科学 III

九州大学公開講座委員会 編
定価 2,000 円 (税別)
 科学は生活技術の探求に源を発しているのだが,今日では,暮らしの場を遥かに超えて,その先端は詩に近づいていると言っていい。極微の世界から宇宙の果てまで,夢幻のように広がる科学の世界にも,どこかに生活との接点はあるはずだ。
 
書籍の詳細へ
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ