続 ジャン・パウル ノート

著者名
恒吉法海
価格
定価 3,400 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-792-3
仕様
四六判 上製 312頁 C1098
発行年
2003年8月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

本書は十年余ジャン・パウルを翻訳してきた著者の解題を中心にした論考である。ジャン・パウルの作品を隅々まで理解した上で,カレンダーを利用したり,精神分析を応用したりして論ずる謎解きの味わいのある論考十二篇。

 

目次

第1章 『ヘスペルス』について
第2章 『ジーベンケース』について
第3章 コラーの『巨人』論
第4章 『生意気盛り』について
第5章 『彗星』について
第6章 『レヴァーナ』について
第7章 ジャン・パウルと自我の構造
第8章 ジャン・パウルにおける盲目のモチーフ
第9章 デ・ブロインの『ジャン・パウル・フリードリヒ・リヒターの生涯』
第10章 ハーリヒとデ・ブロイン
第11章 ジャン・パウルの翻訳について
第12章 ジャン・パウルと複合語
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ