Functions and structure of AmaePersonality-Social, Cognitive, and Cultural Psychological Approaches

著者名
加藤和生
価格
定価 6,400 円 (税別)
ISBN
978-4-87378-893-7
仕様
菊判 上製 260頁 C3011
発行年
2005年12月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • amazon
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

内容紹介

本書は,「甘え」に関して実証心理学(特に,社会的認知論,文化心理学)の観点から理論的・実証的に解明した最初の書である。「甘え」の理論的分析,そして「甘えとは何か」,その良い面と悪い面,対人相互作用過程などの質的分析を通して,その構造と機能を明らかにする。その結果として,甘え行動・交流の関係論的プロセス・モデルを提案する。更に,「甘え」の文化比較を実証的に研究するための方法の一つのあり方を提示する。

目次

 Chapter I. A Theoretical Analysis of Amae and Amae Interactions
   Doi's Theory of Amae
   Critiques and Extensions of Doi's Theory of Amae
   Process Models of Amae Experiencing
   Review of Empirical Studies on Amae Needs and Amae Behaviors
   Summary and Limitations
 Chapter II. A Qualitative Analysis of Amae and Amae Interactions:
         Study 1
 
  Why Do People (Especially, Westerners) Tend to View
     Dependency Negatively?
   Good Aspects of "Dependency"
   Why to Study Amae?
   Present Study
   Purposes
   Method
   Results
   General Discussion
   Evaluation of the Present Study
 Chapter III. Cross-Cultural Comparison of Amae Behaviors between
         American and Japanese College Students: Study 2
   Rationale of Testing the Universality Hypothesis
   Do Americans Have Amae Interaction Schemas?
   General Amae Attitudes and Social Norms
   Method
   Hypotheses
   Results
   Discussion
   Limitations of the Present Study
 Chapter IV. Conclusions and Implications
   Good Amae and its Implications: Consequences of A, B, and their
     Relationship
   How to Achieve Good AmaeInteractions
   Mutually Binding Processes in Amae Interactions
   Implications of Accepting Amae: The Role of B
   Cross-Cultural Generality of Amae
   Two Other Differences in Amae
   Future Research
   Final Remarks
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ...

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも...

詳細へ

大学生活、大丈夫?

大学生活、大丈夫?

日本の20代の死因第1位は自殺であり、大学生を含めた若者のメンタルヘルス対策は重...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ