自然科学理学

博多で学び博多で考える環境問題

博多で学び博多で考える環境問題

福岡大学公開講座委員会 編
定価 2,330 円 (税別)
 本書は,平成6年福岡地方の大渇水の状況分析,下水処理一般と高度処理,ごみの処理・処分,有害化学物質などについて公開講座で易しく解説した内容に,担当者により適宜加筆したものである。本書を通して,身近な環境問題を考える基礎的事項の理解が極めて易しく得られるであろう。
書籍の詳細へ
負のエントロピーの世界

負のエントロピーの世界

神田慶也
〔品 切〕
 負のエントロピーとは何か。シュレーディンガー博士の『生命とは何か』を出発点としてこれを検討し,著者独自のユニークな捉え方が展開されている。後半にはその理解に基づいた生活法が書かれており,著者の「生命理解」へと読者を引き込む。
 
書籍の詳細へ
Unzen Volcano

Unzen Volcano

柳 哮・岡田博有・太田一也 編
定価 4,854 円 (税別)
 本書は,1990年11月に噴火を開始した雲仙岳の火山活動について地球物理学的,地球化学的,地質学的観測,溶岩組成に基づく噴火モデルおよび眉山崩壊の土質工学的予測を含む総括的報告である。
 
書籍の詳細へ
Impact Fracture of Polymers

Impact Fracture of Polymers

高橋 清,A.F.Yee 編
〔品 切〕
 衝撃的な荷重を受けるプラスチック材料の破壊現象を,材料物性と試験技術の両面から解析。世界の第一線で活躍する8名の研究者が国際シンポジウムで行った講演で用いた資料を収録。
 
書籍の詳細へ
The Medieval Latin Traditions of Euclid's Catoptrica

The Medieval Latin Traditions of Euclid's Catoptrica

高橋憲一
定価 10,000 円 (税別)
 本書はユークリッド『反射光学』の現存する主要ラテン語手写本を世界で初めて解読し,厳密な校訂作業によって信頼のおけるテクストを確立した待望の中世ラテン語の批評校訂版である。
 
書籍の詳細へ
クモの学名と和名

クモの学名と和名

八木沼健夫・平嶋義宏・大熊千代子
〔品 切〕
 最近の日本クモ学のめざましい発展に呼応して,斯界の重鎮がクモの学名の語源と和名を縦横に解説した好著。学名と和名の語源の他に,日本産クモ類の分類の現状を知ることができる格調高い学術書である。
 
書籍の詳細へ
学名の話

学名の話

平嶋義宏
〔品 切〕
 学名の「文法」を縦横に解説すると共に,動植物の学名を豊富に例示して,その語源と構成法を明らかにした力作。知識派のあなたに贈る貴重な一冊です。
 
書籍の詳細へ
現代化学入門

現代化学入門

E.メーヤー/崎川範行・小林三二 訳
定価 5,400 円 (税別)
 本書は化学に対する入門を目的とし,巧みな解説と構成で読者を現代化学の基本的な原理に導く。また,広範囲の化学物質に関係する実際問題に数多く触れることにより,化学がいろいろな職業分野にいかなる影響を持っているかを観察し,化学への知識の探究方法をいっそう有効的に示す。
 
書籍の詳細へ
地震と地殻変動

地震と地殻変動

木村政昭
〔品 切〕
 本書は,琉球列島弧をめぐる地震・噴火のメカニズムや歴史的文献・記録などを丹念にみることによって,琉球弧ばかりでなく日本列島の将来の噴火・地震活動を予測しようとするものである。
 
書籍の詳細へ
九州・沖縄の地下水

九州・沖縄の地下水

古川博恭
〔品 切〕
 九州・沖縄の主要な地下水の帯水層である火山噴出物や琉球石灰岩をはじめとした第四紀地質に関して総合的な検討を行い,各地の水理地質を解明し,地下水賦存状況と地下水区について考察し,地下水開発・保全の問題点を指摘する。
 
書籍の詳細へ
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

本書は従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(...

詳細へ

福原麟太郎著作目録

福原麟太郎著作目録

この頃では,福原麟太郎(1894-1981)の名を知る人は少なくなった.およそ2...

詳細へ

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉(1857(安政4)年~1933(昭和8)年)は筑豊で家業である農業に次...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ