東アジア世界の交流と変容

シリーズ名
九州大学文学部人文学入門 1
著者名
森平雅彦・岩崎義則・高山倫明 編
価格
定価 2,000 円 (税別)
ISBN
978-4-7985-0047-8
仕様
A5判 並製 244頁 C1320
発行年
2011年4月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • 楽天ブックス

内容紹介

九州大学文学部の教授陣が,東アジアの社会と文化の成り立ちを平易に解説する。そこでは「交流と変容」を共通のキーワードとして,歴史学・考古学・地理学・文学・美学・哲学・言語学など様々な観点から,多様なトピックスをとりあげる。これを通じて,東アジア各地の社会と文化の多様性が,不断の相互交流を通じて歴史的に形成されてきたものであり,いまなお変容し続けていることが示される。複雑な東アジア情勢の過去と現在を理解し,そして未来を見通すには,そうした社会と文化の流動性と多様性を柔軟に感じとる感性と,多角的に物事を考える知性とが求められる。本書はそうした東アジア理解の多様な「のぞき窓」を提供する手引き書である。

目次

  東アジア  この多様なる世界へのいざない   ・・・・・ 森平雅彦
 
    第I部 地域性から考える  自己/他者認識の原基  
 
 1 東アジア地域社会の形成と古代国家の誕生 ・・・・・ 宮本一夫
 
 2 漢唐間の中国と日本  日本文明の特質との関連から見た   ・・・・・ 川本芳昭
 
 3 朝鮮古代(新羅)の「近中華」意識の形成 ・・・・・ 濱田耕策
 
 4 朝鮮中世の国家姿勢と対外関係 ・・・・・ 森平雅彦
 
    第II部 ヒトのつながりから考える  越境するネットワーク  
 
 5 日本中世に居住した外国人 ・・・・・ 佐伯弘次
 
 6 ルーベンスの描いた朝鮮人  十六・十七世紀における東アジア人のディアスポラ   ・・・・・ 中島楽章
 
 7 初期コミンテルンと東アジア  もう一つの日本共産党創立史   ・・・・・ 山内昭人 
 
 8 国境地域における交流と変容  対馬を事例に   ・・・・・ 高木彰彦
 
    第III部 モノから考える  移動する文物  
 
 9 近世の中国・朝鮮・日本に伝播した『孔子聖蹟図』 ・・・・・ 竹村則行
 
10 大名蔵書の中の国際交流  平戸藩楽歳堂の蔵書目録から   ・・・・・ 岩崎義則 
 
11 高麗仏画研究から学ぶこと ・・・・・ 井手誠之輔
 
    第IV部 コトバから考える  交錯する言語  
 
12 日本における『説文解字』 ・・・・・ 南澤良彦
 
13 漢字で日本語を書く  万葉仮名の世界   ・・・・・ 高山倫明
 
14 満洲語  話しことば・書きことばとその使い手   ・・・・・ 久保智之

著者紹介

執筆者一覧(所属は九州大学文学部。*は編者)
 
南澤良彦(みなみざわ よしひこ) 中国哲学史研究室,准教授
井手誠之輔(いで せいのすけ) 美学・美術史研究室,教授
佐伯弘次(さえき こうじ) 日本史学研究室,教授
岩崎義則*(いわさき よしのり) 日本史学研究室,准教授
川本芳昭(かわもと よしあき) 東洋史学研究室 , 教授
中島楽章(なかじま よしあき) 東洋史学研究室,准教授
濱田耕策(はまだ こうさく) 朝鮮史学研究室,教授
森平雅彦*(もりひら まさひこ) 朝鮮史学研究室,准教授
宮本一夫(みやもと かずお) 考古学研究室,教授
山内昭人(やまのうち あきと) 西洋史学研究室,教授
高山倫明*(たかやま みちあき) 国語学・国文学研究室,教授
竹村則行(たけむら のりゆき) 中国文学研究室,教授
久保智之(くぼ ともゆき) 言語学・応用言語学研究室,教授
高木彰彦(たかぎ あきひこ) 地理学研究室,教授

その他

九州大学文学部人文学入門(全4巻)
東アジア世界の交流と変容 コミュニケーションと共同体

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

本文見本本書は、従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(<...

詳細へ

福原麟太郎著作目録

福原麟太郎著作目録

この頃では,福原麟太郎(1894-1981)の名を知る人は少なくなった.およそ2...

詳細へ

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉(1857(安政4)年~1933(昭和8)年)は筑豊で家業である農業に次...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ