東アジア世界の交流と変容

シリーズ名
九州大学文学部人文学入門 1
著者名
森平雅彦・岩崎義則・高山倫明 編
価格
定価 2,000 円 (税別)
ISBN
978-4-7985-0047-8
仕様
A5判 並製 244頁 C1320
発行年
2011年4月
ご注文
  • 紀伊國屋
  • セブンネットショッピング
  • amazon
  • ブックサービス
  • 楽天ブックス

内容紹介

九州大学文学部の教授陣が,東アジアの社会と文化の成り立ちを平易に解説する。そこでは「交流と変容」を共通のキーワードとして,歴史学・考古学・地理学・文学・美学・哲学・言語学など様々な観点から,多様なトピックスをとりあげる。これを通じて,東アジア各地の社会と文化の多様性が,不断の相互交流を通じて歴史的に形成されてきたものであり,いまなお変容し続けていることが示される。複雑な東アジア情勢の過去と現在を理解し,そして未来を見通すには,そうした社会と文化の流動性と多様性を柔軟に感じとる感性と,多角的に物事を考える知性とが求められる。本書はそうした東アジア理解の多様な「のぞき窓」を提供する手引き書である。

目次

  東アジア  この多様なる世界へのいざない   ・・・・・ 森平雅彦
 
    第I部 地域性から考える  自己/他者認識の原基  
 
 1 東アジア地域社会の形成と古代国家の誕生 ・・・・・ 宮本一夫
 
 2 漢唐間の中国と日本  日本文明の特質との関連から見た   ・・・・・ 川本芳昭
 
 3 朝鮮古代(新羅)の「近中華」意識の形成 ・・・・・ 濱田耕策
 
 4 朝鮮中世の国家姿勢と対外関係 ・・・・・ 森平雅彦
 
    第II部 ヒトのつながりから考える  越境するネットワーク  
 
 5 日本中世に居住した外国人 ・・・・・ 佐伯弘次
 
 6 ルーベンスの描いた朝鮮人  十六・十七世紀における東アジア人のディアスポラ   ・・・・・ 中島楽章
 
 7 初期コミンテルンと東アジア  もう一つの日本共産党創立史   ・・・・・ 山内昭人 
 
 8 国境地域における交流と変容  対馬を事例に   ・・・・・ 高木彰彦
 
    第III部 モノから考える  移動する文物  
 
 9 近世の中国・朝鮮・日本に伝播した『孔子聖蹟図』 ・・・・・ 竹村則行
 
10 大名蔵書の中の国際交流  平戸藩楽歳堂の蔵書目録から   ・・・・・ 岩崎義則 
 
11 高麗仏画研究から学ぶこと ・・・・・ 井手誠之輔
 
    第IV部 コトバから考える  交錯する言語  
 
12 日本における『説文解字』 ・・・・・ 南澤良彦
 
13 漢字で日本語を書く  万葉仮名の世界   ・・・・・ 高山倫明
 
14 満洲語  話しことば・書きことばとその使い手   ・・・・・ 久保智之

著者紹介

執筆者一覧(所属は九州大学文学部。*は編者)
 
南澤良彦(みなみざわ よしひこ) 中国哲学史研究室,准教授
井手誠之輔(いで せいのすけ) 美学・美術史研究室,教授
佐伯弘次(さえき こうじ) 日本史学研究室,教授
岩崎義則*(いわさき よしのり) 日本史学研究室,准教授
川本芳昭(かわもと よしあき) 東洋史学研究室 , 教授
中島楽章(なかじま よしあき) 東洋史学研究室,准教授
濱田耕策(はまだ こうさく) 朝鮮史学研究室,教授
森平雅彦*(もりひら まさひこ) 朝鮮史学研究室,准教授
宮本一夫(みやもと かずお) 考古学研究室,教授
山内昭人(やまのうち あきと) 西洋史学研究室,教授
高山倫明*(たかやま みちあき) 国語学・国文学研究室,教授
竹村則行(たけむら のりゆき) 中国文学研究室,教授
久保智之(くぼ ともゆき) 言語学・応用言語学研究室,教授
高木彰彦(たかぎ あきひこ) 地理学研究室,教授

その他

九州大学文学部人文学入門(全4巻)
東アジア世界の交流と変容 コミュニケーションと共同体

学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

信念の呪縛

信念の呪縛

ケニア海岸部の諸社会においては,他人に神秘的なしかたで危害をもたらす「妖術」は,...

詳細へ

リヒトホーフェン日本滞在記

リヒトホーフェン日本滞在記

幕末から明治初期に日本を訪れ,滞在記や日本および日本人に関する著作を著した外国人...

詳細へ

弥生時代の青銅器生産体制

弥生時代の青銅器生産体制

弥生時代に日本列島で初めて青銅器の生産が行われたが,特に北部九州では青銅器生産の...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ