自然科学工学

水の造形

水の造形

加藤仁美
定価 7,000 円 (税別)
 有明海沿岸クリーク地域の事例研究を中心に,水の自然的歴史的特性や生態的循環的性質を重視した秩序の形成と,多元的な管理主体の創出という課題に応えるとともに,人間と自然との共生という人間居住の本質的かつ今日的課題を追求する。
 
書籍の詳細へ
Proceedings of Joint Conference on Software Engineering 1993

Proceedings of Joint Conference on Software Engineering 1993

〔品 切〕
 情報処理学会小規模国際会議として開催したJCSE'93で発表された,日本および韓国を中心とする東アジアにおけるソフトウェア工学に関する研究のまとめ。
 
書籍の詳細へ
地球環境システム設計論

地球環境システム設計論

川口勝之
定価 7,767 円 (税別)
 環境と生態系と技術の調和の中心テーマのもと,問題の提起から解決のための具体的な方法を提示し,工学の新しい方向を示した,総合的な立場からの地球環境問題へのアプローチ。
 
書籍の詳細へ
ブロック工法によるPC橋の設計と施工

ブロック工法によるPC橋の設計と施工

W.ポドルニー,J.M.ミューラー/太田俊昭,辻 勝成 監修/九州橋梁・構造工学研究会 訳
定価 15,000 円 (税別)
 欧米の実橋を架設工法別に詳細に紹介し,これらの設計,施工,経済性評価,さらに将来展望など,PCブロック橋に関する重要な情報を網羅・解説する。
 
書籍の詳細へ
八幡宮の建築

八幡宮の建築

土田充義
定価 10,000 円 (税別)
 九州は信仰の発祥地に恵まれ,それぞれの本殿は独自の形態を有している。本書は,現存する八幡造本殿の文献調査と実測調査によって,八幡宮建築の祖形とその変遷過程を解明する。
 
書籍の詳細へ
航空計器入門[第3版]

航空計器入門[第3版]

秀嶋 卓
定価 3,500 円 (税別)
 航空計器は機械式から電気式,電子式へと変わりつつある。このすう勢を踏まえつつ,著者が航空大学校20年余の経験を基にして,多数の図表や写真によってやさしく,しかも簡潔に述べた入門書である。パイロットはもちろん,航空技術者や整備士など必読の書といえよう。
 
書籍の詳細へ
DOHSA-HOU

DOHSA-HOU

日本リハビリテイション心理学会 編
〔品 切〕
 動作法はわが国で開発された独自の心理療法である。本書は,様々な教育・治療現場で動作法を実践している研究者たちが,その理論体系と実例を詳述した画期的な英文論文集である。
 
書籍の詳細へ
Proceedings of the 1991 International Symposium on Supercomputing

Proceedings of the 1991 International Symposium on Supercomputing

島崎眞昭 編
〔品 切〕
 スーパーコンピューティングに関する内外のトップレベルの研究者を招聘し,また,約30件の日米独仏豪から投稿された論文を収録しており,計算機アーキテクチャ,ソフトウェア,アルゴリズムに関する最新の論文集。
 
書籍の詳細へ
長大斜張橋の解析と設計

長大斜張橋の解析と設計

大塚久哲 監修/部定式斜張橋研究会 編
〔品 切〕
 斜張橋の長大化が世界的趨勢として行われている。本書は中央支間900mという現在着工されている最大級の橋を上回る長大斜張橋の開発を試みたもので,斜張橋の最新の設計技術を知る上で参考になる。
 
書籍の詳細へ
九州土木紀行

九州土木紀行

土木学会西部支部 編
〔品 切〕
 土木学会西部支部設立50周年記念出版。第1部では九州・沖縄の主要な土木施設150余件を紹介し,第2部では治水・港湾・道路から都市計画などの分野の技術的進歩の足跡を経験豊かな執筆者が概観する。
 
書籍の詳細へ
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

木質昆虫学序説

木質昆虫学序説

本書は従来、森林保護学(<林学)、果樹害虫学(<農学)、木材保存学(...

詳細へ

福原麟太郎著作目録

福原麟太郎著作目録

この頃では,福原麟太郎(1894-1981)の名を知る人は少なくなった.およそ2...

詳細へ

麻生太吉日記 第一巻

麻生太吉日記 第一巻

太吉円熟期の50歳を迎える年に日記は始まる。炭鉱業の順調な発展とともに、このころ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ