自然科学工学

これからのキャンパス・デザイン

これからのキャンパス・デザイン

九州大学新キャンパス計画推進室 編
定価 2,800 円 (税別)
高度情報化社会を迎え,世界中の大学が次世代に向けた変容を遂げようとしている。古くからアジアと日本の交流の接点であった福岡地域をアジアの拠点として再生し発展させたいという社会の要請に応えるため,九州大学は新キャンパスを構想し,整備を進めてきた。本書は,九州大学が多くの関係者とともに取り組んできたこれからの都市と大学キャンパスのデザインを示す書である。
書籍の詳細へ
Regenerated Cellulose Fiber Industry

Regenerated Cellulose Fiber Industry

上出健二
定価 10,000 円 (税別)
19世紀後半のヨーロッパにおける再生セルロース繊維(最初の化学繊維)の発明,開発と工業化,および20世紀初頭における日本への化学繊維の技術移転と,その後1990年代に至るまでの技術・経営の発展を一次資料を駆使して系統的に解明した。19世紀末の世界の最先端技術の開発の経緯と,その技術を日本がどのようにマスターし,更に独自革新技術の開発・工業化し,成功したかを再生セルロース繊維を例として示す。
書籍の詳細へ
悪定義問題の解決

悪定義問題の解決

福地信義
定価 3,000 円 (税別)
・悪定義問題とは 数理計画では,計画を担当する人の認識により解くべき問題の意味合いが異なっていたり(悪定義問題),問題解決のアルゴリズムの構築が難しい(悪構造問題)場合があり,さらには総合的判断により制約条件が変化する(フレキシブル制約)場合もあり得る。これらを広義の悪定義問題(Ill-defined problem)として捉えており,本書では悪定義問題の解決のための種々の数理手法について説明する。・悪定義問題を対象とする数理計画 建設土木工学,都市環境工学,人工環境工学,船舶海洋工学などの基盤...
書籍の詳細へ
最新 地中・基礎構造の耐震設計 [改訂増補版]

最新 地中・基礎構造の耐震設計 [改訂増補版]

大塚久哲 監修/新井雅之/岩上憲一/大塚久哲/高野道直/竹内幹雄/橘 義規/伏婦光一/村井和彦/楊 光遠
定価 5,000 円 (税別)
 本書の対象とした構造は大きく分けて,地下鉄や共同溝,地下駐車場のような断面の大きな地中構造物と,橋梁などの地上構造物を支える杭基礎の2つである。これら2種類の地中構造物の耐震設計に関し,現在,実務で使用されている耐震設計法を初学者にも理解できるように平易に解説した上で,現時点で無理なく使用できると思われる解析ツールを用いた合理的な耐震設計法を提案し,執筆者の研究結果も使用してわかりやすく解説した。また,参考資料には橋脚を設計するために必要な,基礎構造物を含んだ地盤の減衰定数の取り方に関する知見...
書籍の詳細へ
土砂災害の警戒・避難システム

土砂災害の警戒・避難システム

小川 滋・久保田哲也・平松晋也 編著
定価 7,000 円 (税別)
豪雨による土砂災害に対して,最新の危険度予測と実用的な警戒・避難システムを目的に,研究開発を行った成果。研究者を始め広く地域住民,行政,民間産業などにとって実際に役に立つ有用な内容であり,地域の防災システムづくりに多大な貢献をする。
書籍の詳細へ
バロック期の都市風景画を読む

バロック期の都市風景画を読む

萩島 哲
定価 5,600 円 (税別)
 バロックからロココに向かう激動の18世紀ヨーロッパ。絵筆一本で各地の王侯貴族の宮廷画家として活躍した放浪の画家,ベルナルド・ベロット。バロックの街並みを写真のように描く名手。本書は,このような風景画家ベロットを日本で初めて紹介した著作であり,特にベロットが親しみを込めて描いたドレスデン,その郊外のピルナ,ケーニヒシュタインの町の絵画を景観デザインの面から読み解いた著作である。 「絵になる景観」を追究する著者は,最も景観を重視した都市計画を実現したといわれるバロック期に描かれた彼の絵に着目して,...
書籍の詳細へ
膜状凝縮熱伝達

膜状凝縮熱伝達

藤井 哲
定価 5,600 円 (税別)
「膜状凝縮」は蒸気が液体に相変化する際に現れる凝縮形態の一つであり,各種工業プロセスで頻繁に現れる伝熱現象である。本書は,凝縮器の設計あるいは改良のための基礎となる膜状凝縮現象を,初歩的解説から最新の研究成果の紹介にわたって,体系的に述べるものである。
書籍の詳細へ
名所空間の発見

名所空間の発見

萩島 哲 編著
定価 2,300 円 (税別)
 本書は,明治期に描かれた名所図録図会をテキストに,今日まで存在している141の神社を丹念に調べてその神社空間の景観構造を把握したもので,名所づくりによって都市活性化を考えている地方自治体の担当者には,貴重な情報をあたえるものとなっている。 名所とされたほとんどの神社周辺には,自治体によって指定されている「保存樹」を中心に鎮守の森が今日まで残されており,神社を訪れる方々にとって視点場としてあるいは視対象として,活用されていることを指摘している。 また,神社という古い素材に最新のコンピュータの技術...
書籍の詳細へ
土壌中の溶質移動の基礎

土壌中の溶質移動の基礎

W.A.ジュリー,K.ロース/筑紫二郎 訳
定価 3,400 円 (税別)
本書は,伝達関数を用いて,土壌を通過する溶質輸送に関して議論を展開するものである。伝達関数モデルの基本的な事項の説明から,応用面,すなわち,土壌による溶質の吸着がある場合,鉛直方向に不均一な土壌成層をなしている場合,初期に一様でない土壌水分分布が存在するような過渡的状況の場合,などへの展開を図っている。
書籍の詳細へ
New Measurements and Observations of the Treasury of Massaliotes, the Doric Treasury and the Tholos in the Sanctuary of Athena Pronaia at Delphi

New Measurements and Observations of the Treasury of Massaliotes, the Doric Treasury and the Tholos in the Sanctuary of Athena Pronaia at Delphi

伊藤重剛 編著
定価 19,000 円 (税別)
「デルフィの神託」でよく知られたデルフィのアテナ・プロナイア神域は,19世紀末にフランスの調査隊の発掘で5棟の建物が出土しており,ユネスコの世界遺産に登録された重要遺跡である。本書は,その神域の大理石造りの2棟の宝庫及びトロス(円形の神殿様の建物)を対象に行われた調査の報告書である。各建物の建築的現況について,詳細な測量と図面の作成,写真撮影を行い,設計や施工の技術に関する新たな視点から分析・考察を加えている。
書籍の詳細へ
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ