人文科学文学

ジャン・パウル中短編集2

ジャン・パウル中短編集2

ジャン・パウル/恒吉法海・嶋崎順子・藤瀬久美子 編訳
定価 8,500 円 (税別)
本書はジャン・パウルの中短編から三編,キリスト教を背景に誕生した科学者のシニカルな奇矯な言動を語る『カッツェンベルガー博士の湯治旅行』(これは付録にテロ問題を論ずる『シャルロット・コルデについて』等を含む),それに恋愛に於ける言語表現と身体表現をテーマとする『伝記の楽しみ』,自我意識の生誕等を語る『自伝』を収めたものである。本書をもって訳者らが取り組んできたジャン・パウル主要作品の翻訳は完結し,この鋭い,辛辣な知性との対話を日本語で行うことが可能になった。
書籍の詳細へ
スペンサー詩集

スペンサー詩集

和田勇一・吉田正憲・山田知良・藤井良彦・平戸喜文・福田昇八 訳
定価 7,000 円 (税別)
大作叙事詩『妖精の女王』で有名なエリザベス朝の詩人スペンサーは,多数の優れた短詩の作者でもある。スペンサーの小品の日本語訳を集大成した本書は,十二の月に合せた牧歌を収める『羊飼の暦』,当時の宮廷社会への痛烈な風刺「ハバード小母さんの話」,詩人自身の結婚を祝う愛のソネット集『アモレッティと祝婚歌』などの名作を網羅し,詳細な訳注と解説が添えられ,英文学の豊かな宝庫の貴重な一部を心ゆくまで味わえる。英文学研究者には絶対に見逃せない,必読の書。
書籍の詳細へ
詩人の詩人 スペンサー

詩人の詩人 スペンサー

日本スペンサー協会 編
定価 4,500 円 (税別)
赤十字の騎士から白鳥の歌まで,詩人の中の詩人スペンサーの心と技法を我が国の文学愛好者に紹介するフレッシュな論考20篇。20年間の活動を伝えるユニークな会報も集録。協会の貢献を国際的に評価するA.C.ハミルトン教授の祝辞付き。『詩人の王 スペンサー』につぐ第2論集。
書籍の詳細へ
愛と性の政治学

愛と性の政治学

朱雀成子
定価 2,600 円 (税別)
愛と性を管理しようとする父権制という権力構造は,魔女・娼婦・じゃじゃ馬・天使・女神などの女のレッテルを生み出した。本書は,シェイクスピアの描いた男女・家族の愛と性が,いかに〈政治〉と関係しているかをジェンダーの視点から探り,21世紀に生きるシェイクスピアの女と男を描く。
書籍の詳細へ
「青年の国」ドイツとトーマス・マン

「青年の国」ドイツとトーマス・マン

福元圭太
定価 5,400 円 (税別)
本書は,19世紀末ドイツに生成した「ドイツ青年運動」ならびに当時の思想書や政治的テクスト,また文学テクストを分析の対象とし,「男性同盟と同性愛」を縦軸に,「文学と政治」を横軸に据えて,「エロスと政治と文学」の特殊ドイツ的ありかたを解明しようとするものである。忘れられた思想家,ハンス・ブリューアーのほか,この時代のドイツにおける「エロスと文学と政治」のディスクルスが一身に交差する「青年神話」とトーマス・マンが俎上に載せられる。
書籍の詳細へ
ジャン・パウル中短編集1

ジャン・パウル中短編集1

ジャン・パウル/恒吉法海 訳
定価 8,500 円 (税別)
「ABCの本」を出版して著名になったフィーベルは,仲間にそそのかされて自らの自伝工房を設立し,自伝を出版するが,晩年は謙虚に過ごす。制度としての文学のパロディと読める『フィーベルの生涯』。愛しき魂の死後の行方を問いかける『カンパンの谷』,及び「十戒の版画」に或る人物の宮廷での出世を強引に読み込む教理問答のパロディ。その他自らの生涯を予告する『推定伝記』等を収録。「ABCの本」や「十戒の版画」は当時の教育資料である。
書籍の詳細へ
ゲーテと異文化

ゲーテと異文化

坂田正治
定価 3,200 円 (税別)
ギリシア,ローマからオリエント,インドへ,地上から楽園へ,人間界から神々の世界へ,ゲーテの想像力は自在に世界を駆け巡る。果てしないゲーテの詩的宇宙をテクストに密着して浮き彫りにする,グローバルでボーダレスの時代に甦るゲーテのポエジー。
書籍の詳細へ
ラフカディオ・ハーン

ラフカディオ・ハーン

西川盛雄 編
定価 2,600 円 (税別)
本書は,ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の生涯とハーン作品に関する学際的研究書である。英米文学,言語学,医学,建築学,比較文学,ユダヤ学など,多岐にわたる分野の専門家がそれぞれの立場から斬新な切り口を提示する。ハーンの生涯と作品を跡付けることにより,我が国の明治以降,今日までの近代化とハーンの異文化理解の諸相を学際的に点検・再考し,ハーンの現在的意味を考察する。ハーンの曾孫の小泉凡氏による講演,執筆者のうち3名と評論家の渡辺京二氏によるシンポジウムの模様も収録している。
書籍の詳細へ
英文学と道徳

英文学と道徳

園井英秀 編
定価 3,600 円 (税別)
道徳とは堅苦しいお題目ではなく,16世紀にサー・フィリップ・シドニーが教えかつ楽しませるものと表明して以来の英文学の伝統的特質である。本書は,英文学の道徳的楽しみだけではなく,男同士の愛の主題やキーツの「新道徳」など,この伝統の中にひそむ反道徳的な問題をも解き明かす。
書籍の詳細へ
Le Tournant poétique de Francis Ponge

Le Tournant poétique de Francis Ponge

飯田伸二
定価 9,200 円 (税別)
1938年―1948年はフランシス・ポンジュの詩学にとり,きわめて重要かつ豊穣な時代である。事実,出世作『物の味方』以降,彼の詩学はこの時代に決定的な変貌をとげようとしていた。本書は,この時代に執筆された詩作品だけでなく,講演,評論,書簡,草稿等の多様なテクスト群に詳細な分析を行いながら,新たなポンジュ詩学の多彩な可能性を明快に描き出した意欲作である。
書籍の詳細へ
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義

会員制の廉価書籍販売組織であるブッククラブは、ドイツにおいて1920年代から19...

詳細へ

空にかかるはしご

空にかかるはしご

日本では医療が進歩して救える命が増えた一方、それでも毎年約5,000人の子どもた...

詳細へ

元素の名前辞典

元素の名前辞典

欧米以外で初めて発見された元素である、113番元素の名前がニホニウムに決定したこ...

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話(092)833-9150
FAX(092)833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ