九州大学人文学叢書

九州大学人文学叢書は、九州大学大学院人文科学研究院が人文学の研究教育拠点としての役割を踏まえ、一層の研究促進と研究成果の社会還元を図るために設けた出版助成制度を受けて刊行されるものです。
 
  1 王昭君から文成公主へ  中国古代の国際結婚  
    藤野月子(九州大学大学院人文科学研究院・専門研究員)
 
  2 水の女  トポスへの船路  
    小黒康正(九州大学大学院人文科学研究院・教授)
 
  3 小林方言とトルコ語のプロソディー  一型アクセント言語の共通点  
    佐藤久美子(長崎外国語大学外国語学部・講師)
 
  4 背表紙キャサリン・アーンショー  イギリス小説における自己と外部  
    鵜飼信光(九州大学大学院人文科学研究院・准教授)
 
  5 朝鮮中近世の公文書と国家  変革期の任命文書をめぐって  
    川西裕也(日本学術振興会特別研究員PD)〈第4回 三島海雲学術賞受賞〉
 
  6 始めから考える  ハイデッガーとニーチェ  
    菊地惠善(九州大学大学院人文科学研究院・教授)
 
  7 日本の出版物流通システム  取次と書店の関係から読み解く  
    秦 洋二(流通科学大学商学部・准教授)〈第7回 地理空間学会賞学術賞受賞〉
 
  8 御津の浜松一言抄  『浜松中納言物語』を最終巻から読み解く  
    辛島正雄(九州大学大学院人文科学研究院・教授)
 
  9 南宋の文人と出版文化  王十朋と陸游をめぐって  
    甲斐雄一(日本学術振興会特別研究員PD)
 
  10 戦争と平和、そして革命の時代のインタナショナル
    山内昭人(九州大学大学院人文科学研究院・教授)
 
  11 On Weak-Phases  An Extension of Feature-Inheritance  
    大塚知昇(九州共立大学共通教育センター・講師)
 
  12 A Grammar of Irabu  A Southern Ryukyuan Language  
    下地理則(九州大学大学院人文科学研究院・准教授)
 
  13 石器の生産・消費からみた弥生社会
    森 貴教(新潟大学研究推進機構超域学術院・特任助教)
 
  14 日本の近代美術とドイツ   『スバル』『白樺』『月映』をめぐって  
    野村優子(愛媛大学法文学部・講師)
 
  15 12-13世紀におけるポンティウ伯の中規模領邦統治
    大浜聖香子(九州大学大学院人文科学研究院・助教)
 
  16 アリストテレスの知識論   『分析論後書』の統一的解釈の試み  
    酒井健太朗(環太平洋大学次世代教育学部・専任講師)
 
  17 「昭和の大合併」と住民帰属意識
    クラーマー スベン(九州大学大学院人文科学研究院・助教)
 
  18 中国語の「主題」とその統語的基盤
    陳 陸琴(中国嘉興学院外国語学院日本語講師)
 
  19 開戦前夜の日中学術交流
    稲森雅子(九州大学大学院人文科学研究院・専門研究員)
 
  20 古典インドの議論学
    須藤龍真(日本学術振興会特別研究員PD)
 
  21 Labels at the Interfaces
    林 愼将(九州大学大学院人文科学研究院・助教)
 
   (著者の所属等は刊行時のもの、以下続刊)
 
王昭君から文成公主へ 水の女 小林方言とトルコ語のプロソディー 背表紙キャサリン・アーンショー 朝鮮中近世の公文書と国家 始めから考える 日本の出版物流通システム 御津の浜松一言抄 南宋の文人と出版文化 戦争と平和、そして革命の時代のインタナショナル On Weak-Phases A Grammar of Irabu 石器の生産・消費からみた弥生社会 日本の近代美術とドイツ 12-13世紀におけるポンティウ伯の中規模領邦統治 アリストテレスの知識論 「昭和の大合併」と住民帰属意識 中国語の「主題」とその統語的基盤 開戦前夜の日中学術交流 古典インドの議論学 Labels at the Interfaces
学術図書刊行助成

お勧めBOOKS

若者言葉の研究

若者言葉の研究

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「…

詳細へ

犯罪の証明なき有罪判決

犯罪の証明なき有罪判決

冤罪はなぜ起こるのか。刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪…

詳細へ

賦霊の自然哲学

賦霊の自然哲学

物理学者フェヒナー、進化生物学者ヘッケル、そして発生生物学者ドリーシュ。本書はこ…

詳細へ

帝国陸海軍の戦後史

帝国陸海軍の戦後史

近代日本のなかで主要な政治勢力の一翼を担った帝国陸海軍は、太平洋戦争の敗戦ととも…

詳細へ

構造振動学の基礎

構造振動学の基礎

本書の目的は,建物・橋梁・車両・船舶・航空機・ロケットなど軽量構造物の振動現象を…

詳細へ

九州大学出版会

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-34
九州大学産学官連携イノベーション
プラザ305
電話:092-833-9150
FAX:092-833-9160
E-mail : info@kup.or.jp

このページの上部へ